スポンサードリンク

薬の飲み方 ステロイド(内服)

/

ステロイドを飲んでいると、夜眠れなくなる?~副作用とそれを避ける飲み方

回答:「ステロイド」は身体を活動的にするので、眠れなくなることがある

 『プレドニン(一般名:プレドニゾロン)』や『リンデロン(一般名:ベタメタゾン)』などの「ステロイド」を飲んでいると、副作用で眠りにくくなることがあります。

 これは、そもそも「ステロイド」が朝に増えて夜に減る、身体を活動的にする物質だからです。

 そのため、この自然な「ステロイド」の増減リズムを乱さない薬の飲み方(例:1日1回なら朝に飲む)をすることで、この副作用を減らすこともできます。

回答の根拠①:「不眠」の副作用の有無

 代表的な「ステロイド」の飲み薬である『プレドニン』と『リンデロン』の添付文書には、副作用の項目に「不眠」が記載されています1,2)

 1) プレドニン錠 添付文書
 2) リンデロン錠 添付文書

 ただし、「ステロイド」が必要な病状では、そもそもぐっすりと安眠できるような状態でもないため、眠れないからといって必ずしも薬の副作用であるとは限りません。

回答の根拠②:「ステロイド」の自然なリズム

 そもそも「ステロイド」とは、身体に元から存在する「コルチゾール」というホルモンのことです。

 この「コルチゾール」は、朝にたくさん分泌されて身体を活動的にし、夕方~夜になってくると分泌が減ってきて身体を休息させる、という働きをしています。
コルチゾールの増減リズム
 そのため、この自然な増減リズムに合わせて薬を使うことで、眠れなくなるような副作用は減らすことができます。

 実際こうした副作用の観点から、ステロイドを少量で使う場合には朝1回で飲むことが推奨されています3)。

 3) 南江堂 「今日の治療薬 2016」

 

薬剤師としてのアドバイス:眠れないと感じた時は、遠慮せず主治医に相談を

 『プレドニン』や『リンデロン』などの「ステロイド」は、とても効き目が強く、治療には欠かせない薬です。

 しかし、急に飲むのを止めると反動で副作用が起こることもあります。眠れないと感じたからといって、薬を自己判断で中断してしまうようなことはせず、必ず主治医に相談するようにしてください。

 

~注意事項~

◆用法用量はかかりつけの主治医・薬剤師の指示を必ずお守りください。
◆ここに記載されていることは「原則」であり、治療には各々の環境や状況により「例外」が存在します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

■主な活動


★6月22日のフジテレビ「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せました。
★3月23日発売の「異世界薬局(コミック版)」に薬学監修として携わりました。
★12月28日のYahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」に監修として携わりました。

★PharmaTribuneにて連載中

利益相反(COI)
特定の製薬企業との利害関係、開示すべき利益相反関係にある製薬企業は一切ありません。

■カテゴリ選択・サイト内検索

スポンサードリンク

■ご意見・ご要望・仕事依頼などはこちらへ

■お勧め書籍

recommended

■提携・協力先リンク


オンライン病気事典メドレー

banner2-r

250×63

  1. 活動実績

    【活動実績】コミック版「異世界薬局」に監修として携わりました
  2. 活動実績

    【活動実績】日経トレンディ3月号の「花粉症対策記事」に情報提供しました
  3. 活動実績

    【活動実績】情報番組「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せまし…
  4. 活動実績

    【活動実績】日本薬剤師会による災害支援活動に従事しました
  5. 時事問題

    【活動実績】PharmaTribuneでコラム「世間を賑わした健康情報」連載中で…
PAGE TOP