■サイト内検索


スポンサードリンク

ED治療薬 副作用

/

『バイアグラ』で失明することがある?~NAIONとの因果関係

di-biagra

回答:添付文書にもリスクが記載

 海外では『バイアグラ(一般名:シルデナフィル)』を服用していた際に、稀に視力低下・喪失の原因となりうる「非動脈炎性前部虚血性視神経症(NAION)」という症状が起こることが報告されてきました。しかし、これまでは”薬剤との因果関係”がはっきりとわかっていませんでした。

 2015年になり調査が進んだ結果、『バイアグラ』を飲んでから約1日ほどの期間は、このNAIONを発症するリスクが2倍近くに高まることが報告され、添付文書も改訂されました1)。

 1) バイアグラ錠 添付文書

 引き続き、特に45歳以上で、糖尿病や高血圧、高脂血症、喫煙などの危険因子を持つ人が『バイアグラ』を使用する際には、急な視力低下等に注意する必要があります。

回答の根拠:他の同効薬も含めて、「PDE5阻害薬」全体でリスク上昇

 2005年には既に『バイアグラ』を服用してから36時間以内に「非動脈炎性前部虚血性視神経症(NAION)」を発症した人の症例を報告しています2)。

 2) J Neuroophthalmol.25(1):9-13,(2005) PMID:15756125

 このNAIONは、視神経に血液が流れにくくなることで、急に視力が低下したり、最悪の場合には失明する恐れのある症状のことです。糖尿病でも血管が詰まることで視神経に支障を来すことがあり、当時は薬が原因なのか、持病が原因なのかがはっきりせず、薬との因果関係はわからないままでした。

 そのため、あくまで注意喚起として”因果関係は明らかになっていないが”という表現で添付文書に記載されていました。

 今回、『バイアグラ』だけでなく、『シアリス(一般名:タダラフィル)』や『レビトラ(一般名:バルデナフィル)』といった「PDE5阻害薬」に分類される全ての薬で、このリスクが上昇することが明らかになりました。薬を服用してから、半減期の5倍の時間が経過するまでは、NAIONを発症するリスクが約2倍に高まる、と報告されています3)。

 3) Jounal of Sexual Medicine.12(1):139-51,(2015) PMID:25358826

 薬を使用している場合は、服用後の急な視力低下が起きた場合はすぐに薬の服用を中止し、眼科を受診するようにしてください。

※半減期の5倍の時間 1,4,5)
 『バイアグラ(一般名:シルデナフィル)』・・・半減期3.23時間   →5倍は約16時間
 『シアリス(一般名:タダラフィル)』・・・・・・・・半減期14~15時間 →5倍は約3日
 『レビトラ(一般名:バルデナフィル)』・・・・・半減期3.2~5.3時間 →5倍は約1日

 4) シアリス錠 添付文書
 5) レビトラ錠 添付文書

補足説明:個人輸入では副作用が起きても自己責任

 薬を正しく使用していたにも関わらず、大きな副作用に見舞われてしまった場合、「医薬品副作用被害救済制度」という公的機関の補償を受けることができます。

 しかし、個人輸入をして使用していた場合などは、”正しい使用”と見なされず、この制度の対象外となります。万が一の事態に備えて、薬はきちんと医師や薬剤師の指導のもとで使用しましょう。

 

 

~注意事項~

◆用法用量はかかりつけの主治医・薬剤師の指示を必ずお守りください。
◆ここに記載されていることは「原則」であり、治療には各々の環境や状況により「例外」が存在します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

■主な活動

【書籍】
■羊土社
薬の比較と使い分け100(2017年)
OTC医薬品の比較と使い分け(2019年)
■日経メディカル開発
薬剤師のための医療情報検索テクニック(2019年)
■金芳堂
医学論文の活かし方(2020年)

 

【連載】
Medical Tribune / PharmaTribune
ダイヤモンド・ドラッグストア
m3.com

 

【講演】
薬剤師会(兵庫県/大阪府/広島県/山口県)
大学(兵庫医療大学/第一薬科大学)
学会(日本薬局学会/プライマリ・ケア連合学会/アプライド・セラピューティクス学会)

 

【監修・出演等】
異世界薬局(MFコミックス)
Yahoo!ニュース動画
フジテレビ / TBSラジオ
yomiDr./朝日新聞AERA/BuzzFeed/日経新聞土曜版/日経トレンディ/大元気/女子SPA!ほか

 

 

利益相反(COI)
特定の製薬企業との利害関係、開示すべき利益相反関係にある製薬企業は一切ありません。

■ご意見・ご要望・仕事依頼などはこちらへ

■カテゴリ選択・サイト内検索

スポンサードリンク

■おすすめ記事

  1. 『アラミスト』・『ナゾネックス』・『エリザス』、同じステロイ…
  2. 『セレネース』と『リスパダール』、新旧の統合失調症の薬の違い…
  3. 『プロペト』と『ヒルドイド』、同じ保湿剤の違いは?~副作用と…
  4. 『デパケン』・『インデラル』・『ミグシス』、同じ片頭痛予防薬…
  5. 『テルネリン』と『ミオナール』、同じ筋弛緩薬の違いは?~効果…
  6. 因果関係・相関関係・前後関係の違いは?~意図的なミスリードに…
  7. 【反論】「ダマされるな!医者に出されても飲み続けてはいけない…

■お勧め書籍・ブログ

recommended
recommended

■提携・協力先リンク


オンライン病気事典メドレー

banner2-r

250×63

スポンサードリンク
PAGE TOP