■サイト内検索


スポンサードリンク

個別指導対策 調剤料

/

一般名処方のときは、剤形変更が可能?

回答:後発品であれば可能

 後発医薬品を使うのであれば剤形変更が可能、というのが現行の見解です。

①処方が「ランソプラゾール口腔内崩壊錠15mg」の場合
調剤可能なもの
 ・先発品の『タケプロンOD錠 15mg』
 ・後発品の『ランソプラゾール錠 15mg』
 ・後発品の『ランソプラゾールOD錠 15mg』

調剤不可のもの
 ・先発品の『タケプロン錠 15mg』

②処方が「ランソプラゾール錠 15mg」の場合
調剤可能なもの
 ・先発品の『タケプロン錠 15mg』
 ・後発品の『ランソプラゾール錠 15mg』
 ・後発品の『ランソプラゾールOD錠 15mg』

調剤不可のもの
 ・先発品の『タケプロンOD錠 15mg』

一般名処方の剤形変更

回答の根拠:一般名処方は後発品推進のため

 一般名処方は後発品推進のため、という考え方から、「後発品を選ぶのであれば剤形を変更しても良い」という解釈によるものです。

 先発品で調剤する場合は剤形も指定通りに調剤する必要があります。

 

~注意事項~

◆用法用量はかかりつけの主治医・薬剤師の指示を必ずお守りください。
◆ここに記載されていることは「原則」であり、治療には各々の環境や状況により「例外」が存在します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

■主な活動

【書籍】
■羊土社
薬の比較と使い分け100(2017年)
OTC医薬品の比較と使い分け(2019年)
■日経メディカル開発
薬剤師のための医療情報検索テクニック(2019年)

 

【連載】
Medical Tribune / PharmaTribune
ダイヤモンド・ドラッグストア
m3.com 薬剤クイズ

 

【講演】
薬剤師会(大阪府/広島県/山口県)
大学(兵庫医療大学/第一薬科大学)
学会(日本薬局学会/プライマリ・ケア連合学会/アプライド・セラピューティクス学会)

 

【監修・出演等】
異世界薬局(MFコミックス)
Yahoo!ニュース動画
フジテレビ / TBSラジオ
yomiDr./朝日新聞AERA/日経新聞土曜版/日経トレンディ/大元気/女子SPA!ほか

 

 

利益相反(COI)
特定の製薬企業との利害関係、開示すべき利益相反関係にある製薬企業は一切ありません。

■ご意見・ご要望・仕事依頼などはこちらへ

■カテゴリ選択・サイト内検索

スポンサードリンク

■おすすめ記事

  1. 『ミラペックス』と『ビ・シフロール』、同じ「プラミペキソール…
  2. 【反論】「ダマされるな!医者に出されても飲み続けてはいけない…
  3. 『アレジオン』と『パタノール』、同じアレルギーの目薬の違いは…
  4. 『アダラート』・『カルブロック』・『アテレック』、同じCa拮…
  5. 『マクサルト』・『アマージ』・『イミグラン』、同じ「トリプタ…
  6. 『アラミスト』・『ナゾネックス』・『エリザス』、同じステロイ…
  7. 『アイトロール』と『ニトロール』、同じ硝酸薬の違いは?~初回…

■お勧め書籍・ブログ

recommended
recommended

■提携・協力先リンク


オンライン病気事典メドレー

banner2-r

250×63

スポンサードリンク
PAGE TOP