スポンサードリンク

副作用 専門用語解説

/

交感神経と副交感神経の違い~「心臓」や「気管支」の薬を飲んだら、全く関係ない「眼」や「膀胱」で副作用が起こるのは何故?

回答:自律神経は全身に作用する

 心臓や肺は、「動け!」と思わなくても勝手に動いています。これは無意識で働く「自律神経」によって調節されているからです。

 こうした「自律神経」は心臓や肺だけでなく、瞳孔、気管支、血管、胃、腸、肝臓、膀胱、皮膚、筋肉などありとあらゆる組織に影響します。
 そのため「自律神経」に作用する薬を使用した場合、目的とする組織と全く関係のない別の組織にも影響する、といった現象が起こります。

 例気管支を広げるβ2刺激薬 → 動悸、手の震えの副作用

回答の根拠:共通の受容体で調節される

 「自律神経」は非常に様々な組織に影響を与えるにも関わらず、その影響に関与している受容体の種類は少なく、一括でまとめて調節しているようなシステムになっています。

 特に、「交感神経」を優位に働かせるアドレナリンの受容体は「α受容体」と「β受容体」の2種類だけでほとんどが機能しています。そのため、α受容体やβ受容体に作用する薬を使うと、あちこちの組織に影響してしまいます。

詳しい回答①:交感神経による作用

 「自律神経」のうち、「交感神経」は身体を”臨戦態勢”にします。本来、生物が獲物を狩るときの”攻撃”と、天敵に襲われたときの”回避”に活動する神経です。
 α受容体やβ受容体を刺激することで、「交感神経」が優位になった時と同じ作用を起こすことができます。

※遠くの獲物や敵を正確に察知するために、目を開き、視野を広げ、涙で視界が歪まないようにする
 瞳孔が広がる・・・瞳孔散大筋が収縮(α1)
 まぶたが上がる・・・眼瞼平滑筋が収縮(α1)
 遠くにピントが合う・・・毛様体筋が弛緩(β2)
 涙が減る・・・涙腺の血管収縮(α1)

※酸素供給を豊富にし、息切れしないようにする
 気管支を広げる・・・気管支平滑筋が弛緩(β2)
 肺の血管を広げる・・・肺血管を拡張(β2)

※全身に血液とエネルギーを豊富に供給し、活動を維持する
 心拍数を上げる・・・洞房結節での拍動数増加(β1、β2)、心臓の伝導速度の増加(β1、β2)
 心臓の収縮力を強化する・・・心房の収縮力増加(β1、β2)、心室の収縮力増加(β1、β2)

※血管を広げ、酸素やエネルギー供給が滞らないようにする一方、怪我による大量出血を防ぐ
 心臓や肺への血液供給を増やす・・・冠血管を拡張(β2)
 外傷による大量出血を防ぐ・・・皮膚、粘膜の血管を収縮(α1、α2)

※臨戦態勢に際し、差し迫って必要のない活動を低下させる
 消化活動を抑える・・・胃や腸の活動が低下(α1、α2、β1、β2)
 排尿活動を抑える・・・膀胱の基底部を弛緩(β2)、括約筋を収縮(α1)

※温存していたエネルギーを解放する
 肝臓のエネルギーを使う・・・肝臓のグリコーゲンを分解しグルコースを産生(α1、β2)
 脂肪のエネルギーを使う・・・脂肪を分解し熱を産生(α1、β1、β2、β3)

※強い力を発揮できるよう、筋力を増強する
 骨格筋・・・収縮力の増大、グリコーゲン分解促進(β2)

※オーバーヒートしないよう汗をかき、熱を逃がす
 熱を帯びた部位での発汗を促す・・・汗腺の局所的分泌を促進(α1)
 毛を逆立てて外気と触れる面積を増やす・・・立毛筋を収縮(α1)

詳しい回答②:副交感神経による作用

 「自律神経」のうち、「副交感神経」は身体を”休息状態”にします。戦闘で負った傷を癒したり、翌日の活動のために回復したりする神経です。
 α受容体やβ受容体を遮断することで、「副交感神経」が優位になった時と同じ作用を起こすことができます。

※近くにあるものを良く見て不要な怪我をしないようにし、眼の粘膜も守る
 瞳孔が小さくなる・・・瞳孔括約筋が収縮(α1)
 近くにピントが合う・・・毛様体筋が収縮(β2)
 涙で目を守る・・・涙腺分泌を促進(α1)

※肺の活動を抑え、気管の粘膜も守る
 気管支を縮める・・・気管支平滑筋が収縮(β2)
 分泌液で粘膜を守る・・・気管支分泌を促進(α1、β2)

※心臓の活動を抑え、負担を減らす
 心拍数を下げる・・・洞房結節での拍動数減少(β1、β2)
 心臓の収縮力を弱める・・・心房の収縮力低下(β1、β2)、心室の収縮力低下(β1、β2)
 
※食事や排泄などの活動を促す
 消化活動を促す・・・胃や腸の活動を増強(α1、α2、β1、β2)
 排尿活動を促す・・・膀胱の基底部を収縮(β2)、括約筋を弛緩(α1)

※体温を維持する
 全身の発汗を促す・・・全身的な分泌促進(α1)

薬剤師としてのアドバイス:人によって副作用の出方もいろいろ

 上記のように、1つの受容体を刺激するだけで全身の様々な組織に影響が出ます。このとき、その人にとって敏感な場所で副作用を実感することになります。逆に強い場所や鈍感な場所では副作用を感じないこともあります。
 その結果、α受容体やβ受容体に作用する薬の添付文書には、様々な種類の副作用が列挙されることになり、さも危険な薬であるかのような印象を受けてしまいます。

 しかし、多くの副作用も元を辿れば「自律神経」への影響で共通しているため、とりたてて副作用の多い危険な薬というわけでもありません。

+αの情報:副交感神経を強く刺激する薬は致命的な”毒”になる

 「副交感神経」は、α受容体やβ受容体を遮断すること以外にも優位にする方法があります。

直接刺激:ムスカリン受容体(M受容体)の刺激
間接刺激:コリン類似薬、抗ChE薬によってアセチルコリン濃度を高める

 しかし、「副交感神経」を強烈に刺激すると、瞳孔が収縮し過ぎて視界が真っ暗になったり、気管支が収縮し過ぎて窒息したり、心拍数や心臓の収縮力が低下し過ぎて低血圧になったりと、時に致命的になり得る影響が出ます。

 そのため、「副交感神経」を強烈に刺激する薬物は人体に対して”毒”になります。有名なものに「サリン」などが該当します。また、逆に「副交感神経」の刺激を遮断する「アトロピン」は解毒薬としても有名です。

 

~注意事項~

◆用法用量はかかりつけの主治医・薬剤師の指示を必ずお守りください。
◆ここに記載されていることは「原則」であり、治療には各々の環境や状況により「例外」が存在します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

■主な活動


★6月22日のフジテレビ「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せました。
★3月23日発売の「異世界薬局(コミック版)」に薬学監修として携わりました。
★12月28日のYahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」に監修として携わりました。

★PharmaTribuneにて連載中

利益相反(COI)
特定の製薬企業との利害関係、開示すべき利益相反関係にある製薬企業は一切ありません。

■カテゴリ選択・サイト内検索

スポンサードリンク

■ご意見・ご要望・仕事依頼などはこちらへ

■お勧め書籍

recommended

■提携・協力先リンク


オンライン病気事典メドレー

banner2-r

250×63

  1. 活動実績

    【活動実績】コミック版「異世界薬局」に監修として携わりました
  2. 活動実績

    【活動実績】日経新聞の土曜版「日経プラスワン」に取材協力しました
  3. 活動実績

    【活動実績】Yahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」の監修に携わりま…
  4. 時事問題

    【活動実績】PharmaTribuneでコラム「世間を賑わした健康情報」連載中で…
  5. 活動実績

    【活動実績】日経トレンディ3月号の「花粉症対策記事」に情報提供しました
PAGE TOP