スポンサードリンク

【疾患別の目次】 喘息・COPD

/

【目次】咳や喘息・COPDの薬に関するQ&A

吸入薬

 吸入薬には、炎症を抑える「ステロイド」と、気管支を広げて呼吸を楽にする「β2刺激薬」があります。どちらも全身への副作用が少ないのが特徴です。


喘息の吸入薬、”うがい”が必要なのは何故?~「ステロイド」と「β2刺激薬」で異なる理由
吸入ステロイドは、子どもの成長に影響する?
喉のポリープに、喘息用の吸入ステロイドを使うのは何故?

 喘息吸入薬には、ドーピングの禁止薬物に選ばれているものがあります。治療のために使える薬としてリストアップされたものを使う必要があります。

β2刺激薬は、なぜドーピングの禁止薬物に選ばれているの?~喘息治療はドーピングになるのか

鎮咳薬・咳止め

 咳止めは、あくまで咳の辛さを和らげる対症療法です。

『カフコデ』と『フスコデ』、「リン酸コデイン」を含む薬の違い~有効成分と使用目的の違い
『アスベリン』と『メジコン』~鎮咳作用の比較と適用年齢の差、併用の是非
『アスベリン』と『フスタゾール』~子どもから使える咳止め

 市販薬にも含まれている咳止め「リン酸コデイン」は、強力な咳止めですが、喘息には禁忌です。喘息には咳止めを使うのではなく、吸入薬などで根本治療する必要があります。

「リン酸コデイン」で喘息の咳は治らない~痰の粘度への悪影響

漢方薬

 漢方薬には、咳を鎮め、気管支を広げる効果のあるものがあります。

『麻杏甘石湯』って喘息に効く?

ホクナリンテープ

 β2刺激薬の『ホクナリンテープ』は、副作用が少なく子どもにも安心して使える気管支拡張薬です。

『ホクナリンテープ』を貼る場所は、胸・背中・上腕部のどこが良い?
『ホクナリンテープ』、いつ貼れば良い?~咳・喘息がつらい時間帯からの逆算と、お風呂の対策
『ホクナリンテープ』が剥がれた時は、どうしたら良い?

アスピリン喘息

 喘息は喘息でも、副作用で起こる「アスピリン喘息」は、市販の薬でも起こり得る、気を付けるべき副作用です。

「アスピリン喘息」~市販薬にも潜む危険な副作用
「アスピリン喘息」では鼻づまりが起こる理由~ロイコトリエンが増える仕組み

目次へ戻る

~注意事項~

◆用法用量はかかりつけの主治医・薬剤師の指示を必ずお守りください。
◆ここに記載されていることは「原則」であり、治療には各々の環境や状況により「例外」が存在します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

■主な活動


★6月22日のフジテレビ「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せました。
★3月23日発売の「異世界薬局(コミック版)」に薬学監修として携わりました。
★12月28日のYahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」に監修として携わりました。

★PharmaTribuneにて連載中

利益相反(COI)
特定の製薬企業との利害関係、開示すべき利益相反関係にある製薬企業は一切ありません。

■カテゴリ選択・サイト内検索

スポンサードリンク

■ご意見・ご要望・仕事依頼などはこちらへ

■お勧め書籍

recommended

■提携・協力先リンク


オンライン病気事典メドレー

banner2-r

250×63

  1. 活動実績

    【活動実績】日本薬剤師会による災害支援活動に従事しました
  2. 時事問題

    【活動実績】PharmaTribuneでコラム「世間を賑わした健康情報」連載中で…
  3. 活動実績

    【活動実績】情報番組「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せまし…
  4. 活動実績

    【活動実績】Yahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」の監修に携わりま…
  5. 活動実績

    【活動実績】コミック版「異世界薬局」に監修として携わりました
PAGE TOP