スポンサードリンク

似た薬の違い 保湿剤

/

『プロペト』と『白色ワセリン』、同じ保湿剤の違いは?~ワセリン精製度による使い分け

回答:『プロペト』は眼科用としても使える精製度のもの

 『プロペト』と「白色ワセリン」は、同じものです。

 ただし、『プロペト』は眼科用としても使えるよう、「白色ワセリン」の不純物や刺激物をより高い精度で取り除いて作られたものです。
プロペトと白色ワセリン
 効果に大きな違いはありませんが、『プロペト』は色が透明に近く、使い心地も良いため、皮膚の保湿剤としても使われることがあります。

回答の根拠:眼科用基剤として適切な物性

 『プロペト』は、日本薬局方「白色ワセリン」の規格に適合すると共に、「眼科用基剤」の規格にも適合した薬です1)。
プロペトと白色ワセリン~2つの規格
 1) プロペト 添付文書

 通常、眼科用として使用する軟膏には、皮膚科用として使用するものよりも厳しい基準が設けられています。

※眼科用基剤の規格
①眼科用として適切な粘度・稠度
②不純物が少なく、刺激性要素を含まない
③加熱滅菌に耐え、変色しない

 このことから、眼科用としても適合する『プロペト』は、より厳しい基準を通過した「白色ワセリン」であると言えます。

 ただし、『プロペト』も一度別の容器に入れてしまうと、その時点で雑菌や不純物が入ってしまいます。皮膚科用として処方された『プロペト』は眼に使用しないようにしてください。

薬剤師としてのアドバイス:塗り直しができる保湿剤として

 ステロイド外用剤は、1日に何度も塗り直しをすることはできません。また、尿素を含むハンドクリームなどでも回数制限が設けられている場合があります。
 副作用の観点から、いくら症状が酷いからといって、こうした回数制限を超えて使うことはお勧めできません。

 その点、『プロペト』や「白色ワセリン」には回数制限がなく、何度塗り直しをしても問題ありません。
 このことから、水仕事で薬がとれてしまう、服にこすれて薬がとれてしまう、といったような場合には、塗り直しができる保湿剤としても処方されることがあります。

 ただし、『プロペト』や「白色ワセリン」は保湿能力も優しめなため、乾燥がひどい場合には『ヒルドイド(一般名:ヘパリン類似物質)』や『パスタロン(一般名:尿素)』などより強力な保湿剤を使う必要があります。 

 

~注意事項~

◆用法用量はかかりつけの主治医・薬剤師の指示を必ずお守りください。
◆ここに記載されていることは「原則」であり、治療には各々の環境や状況により「例外」が存在します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

■主な活動


★6月22日のフジテレビ「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せました。
★3月23日発売の「異世界薬局(コミック版)」に薬学監修として携わりました。
★12月28日のYahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」に監修として携わりました。

★PharmaTribuneにて連載中

利益相反(COI)
特定の製薬企業との利害関係、開示すべき利益相反関係にある製薬企業は一切ありません。

■カテゴリ選択・サイト内検索

スポンサードリンク

■ご意見・ご要望・仕事依頼などはこちらへ

■お勧め書籍

recommended

■提携・協力先リンク


オンライン病気事典メドレー

banner2-r

250×63

  1. 活動実績

    【活動実績】日経新聞の土曜版「日経プラスワン」に取材協力しました
  2. 時事問題

    【活動実績】PharmaTribuneでコラム「世間を賑わした健康情報」連載中で…
  3. 活動実績

    【活動実績】コミック版「異世界薬局」に監修として携わりました
  4. 活動実績

    【活動実績】日本薬剤師会による災害支援活動に従事しました
  5. 活動実績

    【活動実績】日経トレンディ3月号の「花粉症対策記事」に情報提供しました
PAGE TOP