スポンサードリンク

自己免疫疾患 薬の特別な使い方

/

『リウマトレックス』と『フォリアミン』を併用する理由は?~葉酸と副作用、24~48時間後の根拠

回答:『リウマトレックス』の副作用を減らすため

 『リウマトレックス(一般名:メトトレキサート)』は、関節リウマチの治療の中心となる薬ですが、葉酸の働きを阻害することで効果を発揮します。

 そのため、口内炎や吐き気など、葉酸不足が原因の副作用も起こすことがあります。こうした副作用を防ぐため、『フォリアミン(一般名:葉酸)』が一緒に処方されます。
リウマトレックスとフォリアミンを併用する理由

 ただしこの場合、『フォリアミン』は『リウマトレックス』と同時には飲まず、『リウマトレックス』を最後に飲んだ翌日、もしくは翌々日に飲む必要があります。

 こうした複雑な飲み方が必要な薬のため、飲み忘れた場合は主治医・薬剤師に相談し、個別に対応してもらうことをお勧めします。

回答の根拠①:『リウマトレックス』の葉酸拮抗作用による効果と副作用

 『リウマトレックス』は「葉酸」と化学構造が似ているため、葉酸代謝に拮抗する作用があります。

 葉酸代謝に拮抗する結果、免疫を司るリンパ球の増殖・活動を抑えて炎症を静めたり、軟骨の細胞増殖を抑えて関節の破壊を防いだりする効果を発揮します1)。

 1) リウマトレックスカプセル インタビューフォーム

 しかし、『リウマトレックス』は関節だけでなく、全身の葉酸代謝に影響します。
 そのため、口内炎や脱毛、胃腸障害や肝機能障害など、様々な場所で葉酸不足が原因の副作用を起こすことがあります。

 これらの副作用は、「葉酸」を補充することで予防できるため2)、葉酸製剤の『フォリアミン』を併用することがあります。

 2) Ann Rheum Dis.68(7):1086-93,(2009) PMID:19033291

回答の根拠②:『リウマトレックス』と『フォリアミン』を同時に服用しない理由

 『フォリアミン』などの葉酸製剤は、『リウマトレックス』の最終投与から24~48時間後に使います3)。
リウマトレックスとフォリアミン~服用のタイミング
 3) 日本リウマチ学会 「関節リウマチ治療におけるメトトレキサート(MTX)診療ガイドライン」,(2011)

 これは、まだ『リウマトレックス』が血液中、もしくは筋肉や脂肪中に残っている状態(分布相以内)で『フォリアミン』を使うと、『リウマトレックス』による治療効果が弱まってしまうからです4)。

 4) Ann Intern Med.121(11):833-41,(1994) PMID:7978695

 そのため、『リウマトレックス』を飲み終えた翌日、もしくは翌々日に『フォリアミン』を服用するのが一般的です。

薬剤師としてのアドバイス:「葉酸」を含むサプリメントに注意

 「葉酸」はビタミンの一種として扱われているため、サプリメントなどに入っていることがあります。

 大量に「葉酸」を摂取した場合、『リウマトレックス』の効果に影響する可能性がありますので、自己判断では飲まずに必ず事前に医師・薬剤師に相談するようにしてください。

 また、レバーやアスパラガスなどの食品にも「葉酸」は含まれていますが、自然な食品から摂取している限りは過量になることはありません。基本的に、”『ワーファリン』と納豆・ブロッコリー”のような厳密な食事制限をする必要はありません。

+αの情報:より強力な『ロイコボリン』

 重篤な副作用が起きた場合には、『フォリアミン』ではなく、より強力な活性型葉酸製剤の『ロイコボリン(一般名:ホリナート)』を使うことが推奨されています4)。

 『ロイコボリン』は、『フォリアミン』と違って「葉酸代謝拮抗薬の副作用軽減」に保険適用のある薬ですが、薬価が90倍近く高いため、普段の副作用軽減には『フォリアミン』が使われるのが一般的です。

 

~注意事項~

◆用法用量はかかりつけの主治医・薬剤師の指示を必ずお守りください。
◆ここに記載されていることは「原則」であり、治療には各々の環境や状況により「例外」が存在します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

■主な活動


★6月22日のフジテレビ「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せました。
★3月23日発売の「異世界薬局(コミック版)」に薬学監修として携わりました。
★12月28日のYahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」に監修として携わりました。

★PharmaTribuneにて連載中

利益相反(COI)
特定の製薬企業との利害関係、開示すべき利益相反関係にある製薬企業は一切ありません。

■カテゴリ選択・サイト内検索

スポンサードリンク

■ご意見・ご要望・仕事依頼などはこちらへ

■お勧め書籍

recommended

■提携・協力先リンク


オンライン病気事典メドレー

banner2-r

250×63

  1. 活動実績

    【活動実績】コミック版「異世界薬局」に監修として携わりました
  2. 活動実績

    【活動実績】日本薬剤師会による災害支援活動に従事しました
  3. 活動実績

    【活動実績】Yahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」の監修に携わりま…
  4. 活動実績

    【活動実績】情報番組「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せまし…
  5. 活動実績

    【活動実績】日経トレンディ3月号の「花粉症対策記事」に情報提供しました
PAGE TOP