抗ウイルス薬

  1. 似た薬の違い 抗ウイルス薬

    『バルトレックス』と『ゾビラックス』、同じヘルペス治療薬の違いは?~服用回数と吸収効率

    【薬剤師が執筆・監修】少ない服用回数で済む『バルトレックス』と、注射や塗り薬がある『ゾビラックス』~吸収効率を改善した「プロドラッグ」…

  2. ウイルス性肝炎 抗ウイルス薬

    『ヴィキラックス配合錠』ってどんな薬?~C型肝炎治療薬『ハーボニー』との違い、使い分け

    【薬剤師が執筆・監修】難治性「ジェノタイプ1」のC型肝炎に効果のある「オムビタスビル」+「パリタプレビル」+「リトナビル」の3剤併用療法~『ハーボニー』と重複し…

  3. 抗ウイルス薬 副作用

    『バルトレックス』を服用中、水をたくさん飲んだ方が良いのは何故?

    【薬剤師が執筆・監修】水分の十分な補給で、防げる副作用がある…

  4. ウイルス性肝炎 抗ウイルス薬

    『ハーボニー配合錠』ってどんな薬?~難治性のC型肝炎(ジェノタイプ1)に効く、1錠8万円の薬

    【薬剤師が執筆・監修】ジェノタイプ1のC型肝炎の第一選択薬~ウイルス除去率100%の効果、少ない副作用、耐性の生じにくさ…

  5. ウイルス性肝炎 抗ウイルス薬

    『ソバルディ』ってどんな薬?~「インターフェロン」が要らないC型肝炎治療薬と、医療費の助成制度

    【薬剤師が執筆・監修】「インターフェロン」注射からの解放を実現する、内服のC型肝炎治療薬~「ジェノタイプ2」に対する保険適用と、『ハーボニー』としての「ジェノタ…

  6. 抗ウイルス薬 インフルエンザ

    インフルエンザの治療薬は、なぜ48時間以内に飲まないといけないの?

    【薬剤師が執筆・監修】ウイルスの増殖を抑える「ノイラミニダーゼ阻害薬」は、既に増えてしまったウイルスを退治することはできない~ウイルス増殖が完了する目安としての…

  7. 抗ウイルス薬 インフルエンザ

    発症から48時間が過ぎても、インフルエンザの薬は飲むべき?

    【薬剤師が執筆・監修】「48時間以内」は、ウイルスがまだ増殖している状態かどうかの指標~インフルエンザウイルスに「48時間0分0秒」のタイマーがあるわけではない…

  8. 抗ウイルス薬 薬学コラム

    エボラ出血熱の特効薬『アビガン』ってどんな薬?~『タミフル』と異なる機序の切り札

    【薬剤師が執筆・監修】限定的な条件付きで承認された国家備蓄薬『アビガン』と、その誕生にまつわるストーリー…

  9. 抗生物質 抗ウイルス薬

    「細菌」と「ウイルス」の違いは?~風邪に抗生物質が効く、効かない

    【薬剤師が執筆・監修】「細菌」と「ウイルス」、5つの違い~大きさ、食事と排泄、増殖の方法、ヒトに感染する目的、構造…


【主な活動】

★「PharmaTribune」にてコラム「今月、世間を賑わした健康情報」連載中です。
★6月22日のフジテレビ「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せました。
★3月23日発売の「異世界薬局(コミック版)」に薬学監修として携わりました。
★12月28日のYahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」に監修として携わりました。

利益相反(COI)
特定の製薬企業との利害関係、開示すべき利益相反関係にある製薬企業は一切ありません。

■カテゴリ選択・サイト内検索

Sponsored Link

■ご意見・ご要望・仕事依頼などはこちらへ

■お勧め書籍

recommended

■提携・協力先リンク


オンライン病気事典メドレー

banner2-r

250×63

  1. 活動実績

    【活動実績】Yahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」の監修に携わりま…
  2. 活動実績

    【活動実績】日本薬剤師会による災害支援活動に従事しました
  3. 活動実績

    【活動実績】日経トレンディ3月号の「花粉症対策記事」に情報提供しました
  4. 活動実績

    【活動実績】コミック版「異世界薬局」に監修として携わりました
  5. 活動実績

    【活動実績】情報番組「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せまし…
PAGE TOP