スポンサードリンク

抗ウイルス薬 副作用

/

『バルトレックス』を服用中、水をたくさん飲んだ方が良いのは何故?

回答:腎障害の副作用を防ぐため

 ヘルペスなどの治療に用いる抗ウイルス薬の『バルトレックス(一般名:バラシクロビル)』には、ごく稀ではあるものの、気を付けるべき副作用に「腎障害」があります。

 特に高熱や下痢を起こしている人、高齢者、水痘患者では脱水症状によって尿の量が低下し、「腎障害」が起こりやすくなる傾向があります。

 そのため、『バルトレックス』を服用中はいつもより水分を積極的に補給し、脱水症状から起こる「腎障害」を防ぐ必要があります。

回答の根拠:薬の成分が、腎臓で一時的に結晶化する

 『バルトレックス』は、腎臓の尿細管での濃度が高くなり過ぎると結晶化し、一時的に腎臓に沈着することで「腎障害」を起こすと考えられています1)。
 特に脱水状態では尿量が減量するため、この腎障害を起こしやすい状態になります2)。

 1) バルトレックス錠 インタビューフォーム
 2) Pediatr Infect Dis.5(6):710-2,(1986) PMID:3797306

 なお、この副作用は一過性のものです1)。
 万が一、脱水状態によって腎臓の尿細管に結晶ができてしまっても、水分を補給して尿細管に十分な水分量が復帰すると、結晶は再び溶けていきます。後々にまで長く影響するような副作用ではありません。

薬剤師としてのアドバイス:脱水症状は知らない間に進む

 脱水症状の目安として「尿の色が濃くなる」とわかる、ということがよく言われていますが、尿の色が濃くなっているのは既に脱水症状が起きている証拠です。若干、手遅れです。

 脱水は軽い状態であれば自覚症状もほとんどなく、気付かない間に進行します。夏場は特に水分とミネラルの消失が激しいため、薬を飲んでいなくともこまめに水分を補給するようにしましょう。

 
 

~注意事項~

◆用法用量はかかりつけの主治医・薬剤師の指示を必ずお守りください。
◆ここに記載されていることは「原則」であり、治療には各々の環境や状況により「例外」が存在します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

■主な活動


★6月22日のフジテレビ「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せました。
★3月23日発売の「異世界薬局(コミック版)」に薬学監修として携わりました。
★12月28日のYahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」に監修として携わりました。

★PharmaTribuneにて連載中

利益相反(COI)
特定の製薬企業との利害関係、開示すべき利益相反関係にある製薬企業は一切ありません。

■カテゴリ選択・サイト内検索

スポンサードリンク

■ご意見・ご要望・仕事依頼などはこちらへ

■お勧め書籍

recommended

■提携・協力先リンク


オンライン病気事典メドレー

banner2-r

250×63

  1. 時事問題

    【活動実績】PharmaTribuneでコラム「世間を賑わした健康情報」連載中で…
  2. 活動実績

    【活動実績】Yahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」の監修に携わりま…
  3. 活動実績

    【活動実績】日経新聞の土曜版「日経プラスワン」に取材協力しました
  4. 活動実績

    【活動実績】日経トレンディ3月号の「花粉症対策記事」に情報提供しました
  5. 活動実績

    【活動実績】コミック版「異世界薬局」に監修として携わりました
PAGE TOP