■サイト内検索


スポンサードリンク

抗ウイルス薬 インフルエンザ

/

インフルエンザの治療薬は、なぜ48時間以内に飲まないといけないの?

回答:ウイルスが増殖し終わってからでは意味がないから

 『タミフル(一般名:オセルタミビル)』など、現在使われているインフルエンザの薬は全て「ウイルスを退治する」薬ではなく、「ウイルスの増殖を抑える」薬です。
 そのため、ウイルスがまだ増殖している段階で使えば効果がありますが、ウイルスが既に増殖し終わった状態で使っても効果はありません。

 この「増殖が終わる」までの目安が、「発症から48時間以内」です。
インフルエンザウイルスの数と48時間

 ただし、この48時間はあくまで一つの目安であって、48時間0分0秒という厳密な時間制限を意味するものではありません

回答の根拠:「ノイラミニダーゼ阻害薬」の作用

 現在使われているインフルエンザの治療薬は、以下の4種類があります。
 4種とも「ノイラミニダーゼ阻害薬」に分類される薬で、ウイルスが細胞の膜を破って飛び出してくるタイミングで作用し、ウイルスを細胞の中に閉じ込め、それ以上増えないようにする効果があります。

『タミフル(一般名:オセルタミビル)』
『イナビル(一般名:ラニナミビル)』
『リレンザ(一般名:ザナミビル)』
『ラピアクタ(一般名:ペラミビル)』

ノイラミニダーゼ阻害薬の作用点
 具体的には、インフルエンザウイルスは「ノイラミニダーゼ」という酵素を使って細胞の膜を破り、外へと飛び出してきます。「ノイラミニダーゼ阻害薬」はこの酵素を阻害し、増殖したウイルスが細胞外へ飛び出してくるのを防ぎます。
 ウイルスを直接退治できるわけではないため、このウイルスが細胞外へ飛び出す前に薬を使う必要があります。このタイムリミットの目安が「発症から48時間以内」です。

薬剤師としてのアドバイス:薬は早めが大事だが、「絶対必要」というわけではない

 『タミフル』や『リレンザ』はその作用の特徴から、48時間以内に治療を始めなければ十分な効果が得られません。そのため、薬を処方された初日「食後」や「朝夕」にこだわることなく、早めに治療を始めることが重要です。薬をもらった当日は、どのように薬を使えば良いか、何時間の間隔をおいて使えば良いか、主治医・薬剤師に確認するようにしてください。

 持病もなく健康な成人であれば、インフルエンザの薬は絶対に必要というわけでもありません。混雑した病院に行くのが大変であれば、水分補給に注意しながら安静しているというのも選択肢です。ただし、下記のような重症化リスクを抱える人や、普段健康な人でも40℃を超えるような高熱や意識の混濁などの異状がある場合は、病院を受診することをお勧めします。

※重症化リスクの例
・2歳以下の子ども
・65歳以上の高齢者
・気管支喘息など、呼吸器系の持病がある人
・糖尿病など、代謝に異常がある人
・てんかんや脳卒中など、神経系に持病のある人
・免疫不全の人
・妊娠中や産後2週間以内の女性

+αの情報:『タミフル』と異常行動の因果関係は

 発売当初に問題となっていた『タミフル』と「異常行動」との因果関係は、現在否定されています

 ただし、薬の有無に関わらず、インフルエンザそのものが原因となって「異常行動」を起こす恐れがありますので、治療中はいつもより注意深く様子を見守る必要があります。

~注意事項~

◆用法用量はかかりつけの主治医・薬剤師の指示を必ずお守りください。
◆ここに記載されていることは「原則」であり、治療には各々の環境や状況により「例外」が存在します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

■主な活動


★12月8日のフジテレビ「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せました。
★10月27日 薬局新聞「かかりつけ薬剤師Personal」で紹介されました。
★3月23日発売の「異世界薬局(コミック版)」に薬学監修として携わりました。
★12月28日のYahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」に監修として携わりました。

★PharmaTribuneにて連載中

利益相反(COI)
特定の製薬企業との利害関係、開示すべき利益相反関係にある製薬企業は一切ありません。

■カテゴリ選択・サイト内検索

スポンサードリンク

■ご意見・ご要望・仕事依頼などはこちらへ

■お勧め書籍・ブログ

recommended
recommended

■提携・協力先リンク


オンライン病気事典メドレー

banner2-r

250×63

  1. 活動実績

    【活動実績】日経新聞の土曜版「日経プラスワン」に取材協力しました
  2. 活動実績

    【活動実績】情報番組「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せまし…
  3. 活動実績

    【活動実績】コミック版「異世界薬局」に監修として携わりました
  4. 薬剤師のありかた

    忙しい人にお勧めの「勉強・情報収集用ブログ」の紹介
  5. 時事問題

    【活動実績】PharmaTribuneでコラム「世間を賑わした健康情報」連載中で…
PAGE TOP