スポンサードリンク

抗ウイルス薬 インフルエンザ

/

インフルエンザの治療薬は、なぜ48時間以内に飲まないといけないの?

回答:ウイルスが増殖し終わってからでは意味がないから

 『タミフル(一般名:オセルタミビル)』など、現在使われているインフルエンザの薬は全て「ウイルスを退治する」薬ではなく、「ウイルスの増殖を抑える」薬です。
 そのため、ウイルスがまだ増殖している段階で使えば効果がありますが、ウイルスが既に増殖し終わった状態で使っても効果はありません。

 この「増殖が終わる」までの目安が、「発症から48時間以内」です。
インフルエンザウイルスの数と48時間

 ただし、この48時間はあくまで一つの目安であって、48時間0分0秒という厳密な時間制限を意味するものではありません

回答の根拠:「ノイラミニダーゼ阻害薬」の作用

 現在使われているインフルエンザの治療薬は、以下の4種類があります(4種の薬の違い)。

『タミフル(一般名:オセルタミビル)』
『イナビル(一般名:ラニナミビル)』
『リレンザ(一般名:ザナミビル)』
『ラピアクタ(一般名:ペラミビル)』

 いずれの薬も「ノイラミニダーゼ阻害薬」に分類される薬で、ウイルスが細胞の膜を破って飛び出してくるタイミングで作用し、ウイルスを細胞の中に閉じ込め、それ以上増えないようにします。
ノイラミニダーゼ阻害薬の作用点

 インフルエンザウイルスは、「ノイラミニダーゼ」という酵素を使って細胞の膜を破り、外へと飛び出してきます。「ノイラミニダーゼ阻害薬」はこの酵素を阻害し、増殖したウイルスが細胞外へ飛び出してくるのを防ぎます。 

 ウイルスを直接退治できるわけではないため、このウイルスが細胞外へ飛び出す前に薬を使う必要があります。このタイムリミットの目安が「発症から48時間以内」です。

薬剤師としてのアドバイス:できるだけ早く治療を開始しよう

 インフルエンザの治療開始は、早いに越したことはありません。遅くなればなるほど、体内のウイルスは増えてしまいます。
 インフルエンザの疑いがある場合には、先延ばしにせず早めに病院を受診し、またインフルエンザの薬を処方された場合は、より効果を高めるため早めに服薬を始める必要があります。

 これは、患者本人が1日も早く治癒することと共に、ウイルスをばら撒いて家族や周囲の人へ感染してしまうことを予防する意味でも重要です。

+αの情報:『タミフル』と異常行動の因果関係は

 発売当初に問題となっていた『タミフル』と「異常行動」との因果関係は、現在否定されています

 ただし、薬の有無に関わらず、インフルエンザそのものが原因となって「異常行動」を起こす恐れがありますので、治療中はいつもより注意深く様子を見守る必要があります。

 

~注意事項~

◆用法用量はかかりつけの主治医・薬剤師の指示を必ずお守りください。
◆ここに記載されていることは「原則」であり、治療には各々の環境や状況により「例外」が存在します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

■主な活動


★6月22日のフジテレビ「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せました。
★3月23日発売の「異世界薬局(コミック版)」に薬学監修として携わりました。
★12月28日のYahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」に監修として携わりました。

★PharmaTribuneにて連載中

利益相反(COI)
特定の製薬企業との利害関係、開示すべき利益相反関係にある製薬企業は一切ありません。

■カテゴリ選択・サイト内検索

スポンサードリンク

■ご意見・ご要望・仕事依頼などはこちらへ

■お勧め書籍

recommended

■提携・協力先リンク


オンライン病気事典メドレー

banner2-r

250×63

  1. 活動実績

    【活動実績】情報番組「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せまし…
  2. 時事問題

    【活動実績】PharmaTribuneでコラム「世間を賑わした健康情報」連載中で…
  3. 活動実績

    【活動実績】日経新聞の土曜版「日経プラスワン」に取材協力しました
  4. 活動実績

    【活動実績】Yahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」の監修に携わりま…
  5. 活動実績

    【活動実績】日本薬剤師会による災害支援活動に従事しました
PAGE TOP