■サイト内検索


スポンサードリンク

抗ウイルス薬 インフルエンザ

/

発症から48時間が過ぎても、インフルエンザの薬は飲むべき?

回答:処方された場合は飲むべき。「48時間」は絶対的な指標ではない。

 『タミフル(一般名:オセルタミビル)』等のインフルエンザの薬は、発症から48時間以内に服用する必要があります
 これは、48時間を過ぎると一般的にウイルスの増殖が完了してしまっており、薬の確実な効果が期待できないからです。

 しかし、この「48時間以内」という基準はあくまで一つの目安であって、48時間0分0秒ぴったりという絶対的な指標ではありません。48時間を少しくらいオーバーしていても、まだウイルスが増殖している段階であれば効果が期待できます。
インフルエンザの薬、48時間以内が表す意味

 医師・薬剤師は、患者ひとりひとりの状況に合わせて薬の使い方を臨機応変に決めます。薬を処方された場合は「48時間」という表現に惑わされず、きちんと服用するようにしてください。

 

回答の根拠①:「48時間以内」の理由

 『タミフル』や『リレンザ(一般名:ザナミビル)』など、現在「インフルエンザ治療薬」として使われている薬は、全て「ノイラミニダーゼ阻害薬」です。
 これらの薬は、いずれもウイルスの増殖を抑える薬であって、既に増殖してしまったウイルスを退治する効果はありません。

 発症から48時間が過ぎてしまうと、一般的にウイルスの増殖は完了してしまっているため、薬はその前に使う必要があります。これが「48時間以内」と言われる理由です。
インフルエンザウイルスの数と48時間

 実際、『タミフル』等の添付文書には、症状発現から48時間経過後に投与を開始した患者における有効性を裏付けるデータは得られていない、と記載されています1)。

 1) タミフルカプセル 添付文書

回答の根拠②:ウイルスに48時間0分0秒のタイマーは付いていない

 「48時間以内」というのは、あくまで一般的なインフルエンザウイルスの増殖スピードの目安です。

 インフルエンザウイルスに、48時間0分0秒ぴったりで増殖が止まる厳密なタイマーが設置されているわけではありません。そもそも、人によってどの段階で「発症した」と表現するかも様々です。

 治療開始は早いに越したことはありませんが、数時間程度のズレは許容範囲と考えるのが妥当です。
インフルエンザの薬と48時間以内、数時間のズレは

 

薬剤師としてのアドバイス:早めの治療で、確実な効果を

 先述のように、「48時間以内」というのは絶対的指標ではありません。そのため、発症から50時間くらい過ぎていても、効果を期待して薬を使うことはよくあります。
 しかし、さすがに70時間も80時間も過ぎていては、効果は期待できません。その場合は、「インフルエンザ治療薬」ではなく、解熱薬などによる対症療法と、二次感染の予防を行うことになります。

 インフルエンザの疑いがある場合には、先延ばしにせず早めに病院を受診し、確実に治療効果の得られる「48時間以内」に薬を使うことをお勧めします。

 また、インフルエンザの時に安易に解熱薬を使うと「インフルエンザ脳症」を起こす可能性もあります。自己判断で薬を使わず、早めに病院を受診するようにしてください。

 

~注意事項~

◆用法用量はかかりつけの主治医・薬剤師の指示を必ずお守りください。
◆ここに記載されていることは「原則」であり、治療には各々の環境や状況により「例外」が存在します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

■主な活動

【書籍】
■羊土社
薬の比較と使い分け100(2017年)
OTC医薬品の比較と使い分け(2019年)
■日経メディカル開発
薬剤師のための医療情報検索テクニック(2019年)

 

【連載】
Medical Tribune / PharmaTribune
ダイヤモンド・ドラッグストア
m3.com

 

【講演】
薬剤師会(大阪府/広島県/山口県)
大学(兵庫医療大学/第一薬科大学)
学会(日本薬局学会/プライマリ・ケア連合学会/アプライド・セラピューティクス学会)

 

【監修・出演等】
異世界薬局(MFコミックス)
Yahoo!ニュース動画
フジテレビ / TBSラジオ
yomiDr./朝日新聞AERA/BuzzFeed/日経新聞土曜版/日経トレンディ/大元気/女子SPA!ほか

 

 

利益相反(COI)
特定の製薬企業との利害関係、開示すべき利益相反関係にある製薬企業は一切ありません。

■ご意見・ご要望・仕事依頼などはこちらへ

■カテゴリ選択・サイト内検索

スポンサードリンク

■おすすめ記事

  1. 『ラシックス』と『フルイトラン』、同じ利尿薬の違いは?~ルー…
  2. 『パタノール』と『インタール』、同じアレルギー点眼液の違いは…
  3. 『メインテート』と『アーチスト』、同じβ遮断薬の違いは?~β…
  4. 「ARB」と「ACE阻害薬」、同じ高血圧の治療薬の違いは?~…
  5. 『ムコスタ』と『ジクアス』、同じドライアイ治療薬の違いは?~…
  6. 『ロキソニン』と『ボルタレン』、同じ鎮痛薬の違いは?~効果の…
  7. 『ビビアント』と『エビスタ』、同じ骨粗鬆症の薬の違いは?~S…

■お勧め書籍・ブログ

recommended
recommended

■提携・協力先リンク


オンライン病気事典メドレー

banner2-r

250×63

スポンサードリンク
PAGE TOP