市販薬

  1. 知っておくべきこと 市販薬・OTC

    「セルフメディケーション税制」って何?~2017年から、12,000円を超えた薬の購入費用が控除に

    【薬剤師が執筆・監修】2017年1月1日から始まる税制度~「スイッチOTC」であることや、レシート・領収書の記載事項などに色々と条件があることに注意…

  2. 泌尿器科の薬 市販薬・OTC

    前立腺肥大の人は、市販の風邪薬を飲めない?~抗コリン作用と排尿障害

    【薬剤師が執筆・監修】「眠くなるかどうか」に注目される市販の風邪・鼻炎薬は、排尿障害にも注意が必要~「抗コリン作用」を持つ抗ヒスタミン薬を含む薬…

  3. 薬の誤解 市販薬・OTC

    水虫は、市販薬では治らない?~薬を正しく選んで、正しく使えば、完治できる

    【薬剤師が執筆・監修】市販薬でも正しく使えば水虫を完治できる~売上ランキングや値段・口コミに惑わされることなく、まずは正しい薬の使い方ができているかどうかを確認…

  4. 抗生物質 市販薬・OTC

    抗生物質の飲み薬は、市販されている?~原因菌の特定と耐性菌のリスク

    【薬剤師が執筆・監修】感染症の原因は細菌なのかウイルスなのかを見極め、更にどんな種類の細菌かを特定してからでないと、効果のある抗生物質を選ぶことはできない…

  5. 抗ヒスタミン薬 市販薬・OTC

    『アレグラFX』と『アレグラ』は同じ薬?~副作用(眠気・口渇)の少ない抗ヒスタミン薬

    【薬剤師が執筆・監修】全く同じ有効成分と添加物~年齢制限の違いは、市販薬はより安全が確保された範囲で使用すべきという観点から…

  6. 片頭痛 市販薬・OTC

    片頭痛の「トリプタン製剤」は、市販薬で売っている?

    【薬剤師が執筆・監修】「トリプタン製剤」が市販されない理由~①使い過ぎによる「薬物乱用性頭痛」のリスク、②片頭痛以外の頭痛であるリスク、③販売価格がとんでもなく…

  7. 薬の誤解 市販薬・OTC

    病院で処方された風邪の薬が多い。市販の風邪薬を使う方が、薬は少なくて済む?~1錠に含まれる薬の種類

    【薬剤師が執筆・監修】病院で処方される薬は、見た目の錠剤・カプセルの数は多くても、実際に飲むことになる薬の種類は市販薬より少なくなることが多い~1錠に含まれる有…

  8. 解熱鎮痛薬・NSAIDs 市販薬・OTC

    『ロキソニンSプラス』は普通のロキソニンと何が違う?~酸化マグネシウムの効果と配合量

    【薬剤師が執筆・監修】33.3mgの「酸化マグネシウム」の配合意図~胃を守る効果と、お腹が緩くなる副作用の、ギリギリの配合量…

  9. 【疾患別の目次】 市販薬・OTC

    【目次】市販薬の選び方

    薬は売り文句ではなく成分で選ぶ~薬剤師の視点と考え方…

  10. 似た薬の違い 市販薬・OTC

    『ロキソニンS』と『ロキソニン』の違いは?~同じ名前の市販薬と処方薬

    【薬剤師が執筆・監修】1錠中に有効成分「ロキソプロフェン」を60mg含み、添加物も同じ~医療用の処方薬と全く同じ量の成分が含まれる『ロキソニンS』は、使用回数や…

  11. 解熱鎮痛薬・NSAIDs 薬の飲み方

    痛みが酷いとき、『ロキソニン』を1回2錠飲んでも良い?

    【薬剤師が執筆・監修】『ロキソニン』を1回に2錠飲めるのは、関節リウマチなどの治療に限られている~自己判断で2錠飲むことのリスク…

  12. 抗真菌薬 市販薬・OTC

    市販の水虫用薬、何を基準に選んだら良い?~水虫薬の成分を徹底解剖

    【薬剤師が執筆・監修】市販の水虫薬を選ぶときのポイント~根本治療のための「抗真菌薬」と、不快な症状を抑えるその他の成分…

■主な活動

【書籍】
■羊土社
薬の比較と使い分け100(2017年)
OTC医薬品の比較と使い分け(2019年)
■日経メディカル開発
薬剤師のための医療情報検索テクニック(2019年)
■金芳堂
医学論文の活かし方(2020年)

 

【連載】
Medical Tribune / PharmaTribune
ダイヤモンド・ドラッグストア
m3.com

 

【講演】
薬剤師会(兵庫県/大阪府/広島県/山口県)
大学(兵庫医療大学/同志社女子大学)
学会(日本薬局学会/プライマリ・ケア連合学会/アプライド・セラピューティクス学会)

 

【監修・出演等】
異世界薬局(MFコミックス)
Yahoo!ニュース動画
フジテレビ / TBSラジオ
yomiDr./朝日新聞AERA/BuzzFeed/日経新聞土曜版/日経トレンディ/大元気/女子SPA!ほか

 

 

利益相反(COI)
特定の製薬企業との利害関係、開示すべき利益相反関係にある製薬企業は一切ありません。

■ご意見・ご要望・仕事依頼などはこちらへ

■カテゴリ選択・サイト内検索

スポンサードリンク

■お勧め書籍・ブログ

recommended
recommended

■提携・協力先リンク


オンライン病気事典メドレー

banner2-r

250×63

スポンサードリンク
PAGE TOP