スポンサードリンク

【疾患別の目次】 ステロイド(内服)

/

【目次】ステロイド内服薬に関するQ&A

『プレドニン』と『リンデロン』

 よく使われる『プレドニン』は、漸減療法や朝の服用量を多めに設定するなど、色々な工夫をしやすいステロイドです。

『プレドニン』と『リンデロン』~作用時間と抗炎症作用による使い分け

ステロイド内服薬は、朝に飲むことで副作用を減らせる

 ステロイド内服薬は、1日1回であれば朝に服用することで副作用を減らすことができます。ただし、夜の方が高い効果が得られる場合もあります。

ステロイドの飲み薬は朝に飲まないとダメ?~不眠や副腎機能不全を防ごう

ステロイドは妊娠中でも使えることが多い

 ステロイドは、大部分が胎盤で分解されてしまうため、妊娠中でも比較的安全に使える薬です。下手にアレルギーの薬を使う方がよりリスクが高いことに注意が必要です。

妊娠中の「ステロイド」の服用は危険か?~副作用と母体疾患の影響

ステロイド外用薬

ステロイド外用剤はこちら

目次へ戻る

~注意事項~

◆用法用量はかかりつけの主治医・薬剤師の指示を必ずお守りください。
◆ここに記載されていることは「原則」であり、治療には各々の環境や状況により「例外」が存在します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

■主な活動


★6月22日のフジテレビ「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せました。
★3月23日発売の「異世界薬局(コミック版)」に薬学監修として携わりました。
★12月28日のYahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」に監修として携わりました。

★PharmaTribuneにて連載中

利益相反(COI)
特定の製薬企業との利害関係、開示すべき利益相反関係にある製薬企業は一切ありません。

■カテゴリ選択・サイト内検索

スポンサードリンク

■ご意見・ご要望・仕事依頼などはこちらへ

■お勧め書籍

recommended

■提携・協力先リンク


オンライン病気事典メドレー

banner2-r

250×63

  1. 活動実績

    【活動実績】日経トレンディ3月号の「花粉症対策記事」に情報提供しました
  2. 活動実績

    【活動実績】日本薬剤師会による災害支援活動に従事しました
  3. 活動実績

    【活動実績】Yahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」の監修に携わりま…
  4. 活動実績

    【活動実績】コミック版「異世界薬局」に監修として携わりました
  5. 時事問題

    【活動実績】PharmaTribuneでコラム「世間を賑わした健康情報」連載中で…
PAGE TOP