■サイト内検索


スポンサードリンク

【疾患別の目次】 パーキンソン病

/

【目次】パーキンソン病の薬に関するQ&A

パーキンソン病の基礎知識

 パーキンソン病は、手足の震え(振戦)、筋肉がこわばる(筋固縮)、動きが鈍くなる(無動)、バランスが悪くなる(姿勢反射障害)を主な症状とする病気です。直接生命に関わることはありませんが、症状が悪化すると非常に不便な生活を強いられることになります。
 ただし、最近は治療方法も発達しているため、早期発見・早期治療ができれば、病気を気にすることなく生活することも可能です。

パーキンソン病の治療薬

 パーキンソン病の治療は「いかに少ない副作用で、薬の効果を持続させるか」が最大の焦点です。そのため、薬の飲み方や組み合わせにも様々な工夫があります。

『ミラペックス』と『ビ・シフロール』~「プラミペキソール」製剤の服用回数と腎障害時の用量
『ミラペックス』と『ペルマックス』~麦角系・非麦角系ドパミンアゴニスト

ドパミン不足が原因のパーキンソン病に、ドパミン遮断薬『ナウゼリン』を使う理由
wearing off現象の改善薬『ノウリアスト』

パーキンソン病とパーキンソン症候群

 パーキンソン病は、脳でドパミンが不足することで起こります。そのため、薬の副作用でドパミンが減っても、同じような症状が現れることがあります。

「パーキンソン病」と「パーキンソン症候群」の違い

目次へ戻る

 

~注意事項~

◆用法用量はかかりつけの主治医・薬剤師の指示を必ずお守りください。
◆ここに記載されていることは「原則」であり、治療には各々の環境や状況により「例外」が存在します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

■主な活動

【書籍】(羊土社)
薬局ですぐに役立つ 薬の比較と使い分け100

【薬学監修】
異世界薬局
m3.com 薬剤クイズ
Yahoo!ニュース動画
フジテレビ「直撃LIVE グッディ!」
日経新聞土曜版/日経トレンディ/大元気/女子SPA!ほか

【連載】
PharmaTribune「世間を賑わした健康情報」

利益相反(COI)
特定の製薬企業との利害関係、開示すべき利益相反関係にある製薬企業は一切ありません。

■カテゴリ選択・サイト内検索

スポンサードリンク

■ご意見・ご要望・仕事依頼などはこちらへ

■お勧め書籍・ブログ

recommended
recommended

  1. 活動実績

    【活動実績】情報番組「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せまし…
  2. 告知情報

    【書籍化のお知らせ】「薬局ですぐに役立つ 薬の比較と使い分け100」
  3. 活動実績

    【活動実績】日本薬剤師会による災害支援活動に従事しました
  4. 活動実績

    【活動実績】コミック版「異世界薬局」に監修として携わりました
  5. 薬剤師のありかた

    忙しい人にお勧めの「勉強・情報収集用ブログ」の紹介
PAGE TOP