スポンサードリンク

抗ヒスタミン薬 薬の特別な使い方

/

アレルギーに胃薬の『ガスター』が効く?~ヒスタミン受容体の交叉性を利用した底上げ効果

回答:効果の底上げが可能

 アレルギーの治療には、『ザイザル(一般名:レボセチリジン)』や『アレグラ(一般名:フェキソフェナジン)』などの「抗ヒスタミン薬」を使うのが基本です。
 しかし、それだけでは治療効果が不十分なとき、本来は胃薬である『ガスター(一般名:ファモチジン)』を一緒に使うことで、治療効果の底上げが可能なことがあります。

 これは、皮膚のヒスタミン受容体の約15%が『ガスター』でブロックできる「サブタイプ2(H2受容体)」であることから、主にアレルギー性皮膚疾患の治療の際に行われます。

回答の根拠:ヒスタミン受容体、サブタイプ1と2の交叉性

 ヒスタミンに反応する受容体には、サブタイプ1とサブタイプ2があります(厳密には他にもあります)。

 通常、花粉症や蕁麻疹などのアレルギーに関与しているのは、ヒスタミン受容体のうちサブタイプ1の「H1受容体」です。そのため、アレルギー性疾患には『ザイザル』や『アレグラ』などの「抗ヒスタミン薬(H1受容体拮抗薬)」を使用します。

 また、サブタイプ2の「H2受容体」は主に胃に存在し、胃酸の分泌に関係しています。そのため、胃酸過多や消化性潰瘍には『ガスター』などの「H2ブロッカー(H2受容体拮抗薬)」を使用します。

 しかし、全てのアレルギーが「H1受容体」の関与で起きているわけではありません。特に、皮膚に存在するヒスタミン受容体のうち、15%程度はサブタイプ2の「H2受容体」であることがわかっています1,2)。
皮膚のヒスタミン受容体
 1) Urticaria Prim Care.35(1):141-57,(2008) PMID:18206722
 2) Am J Clin Dermatol.4(5):297-305,(2003) PMID:12688835

 そのため、特にアレルギー性皮膚疾患場合、『ガスター』などの「H2受容体拮抗薬」を併用することによって、「抗ヒスタミン」薬の効果を底上げし、アレルギー症状を緩和することが可能です。

薬剤師としてのアドバイス:保険適用外であることにも注意

 『ザイザル』や『アレグラ』といった「抗ヒスタミン薬」では十分な効果が得られないときは、通常は用量の範囲内で薬の量を増やしたり、あるいは2種の「抗ヒスタミン薬」を併用するといった方法がとられます3)。

 3) 日皮会誌.121(7):1339-88,(2011)

 ”量を増やすまでもないが、いまひとつスッキリしない”ような時に、効果の底上げを期待したり、「抗ヒスタミン薬」の眠気や口の渇きといった副作用を避けたりするために、『ガスター』を追加する方法がとられることがあります。

 しかし、こうした使用方法はあくまで保険適用外の使い方であることに注意が必要です。また、花粉症などの皮膚以外のアレルギーにも効果があるかどうかは、まだ明確ではありません。

 

~注意事項~

◆用法用量はかかりつけの主治医・薬剤師の指示を必ずお守りください。
◆ここに記載されていることは「原則」であり、治療には各々の環境や状況により「例外」が存在します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


【主な活動】

★「PharmaTribune」にてコラム「今月、世間を賑わした健康情報」連載中です。
★6月22日のフジテレビ「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せました。
★3月23日発売の「異世界薬局(コミック版)」に薬学監修として携わりました。
★12月28日のYahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」に監修として携わりました。

利益相反(COI)
特定の製薬企業との利害関係、開示すべき利益相反関係にある製薬企業は一切ありません。

■カテゴリ選択・サイト内検索

スポンサードリンク

■ご意見・ご要望・仕事依頼などはこちらへ

■お勧め書籍

recommended

■提携・協力先リンク


オンライン病気事典メドレー

banner2-r

250×63

  1. 活動実績

    【活動実績】日経新聞の土曜版「日経プラス1」に取材協力しました
  2. 活動実績

    【活動実績】情報番組「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せまし…
  3. 活動実績

    【活動実績】日経トレンディ3月号の「花粉症対策記事」に情報提供しました
  4. 活動実績

    【活動実績】Yahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」の監修に携わりま…
  5. 活動実績

    【活動実績】日本薬剤師会による災害支援活動に従事しました
PAGE TOP