スポンサードリンク

専門用語解説 薬物動態学

/

AUC(血中濃度-時間曲線下面積)って何のこと?

回答:利用できる薬の総量を意味する

 AUC(Area Under the blood concentration-time Curve)は、血中濃度の曲線の積分値(面積)のことです。

AUCとは
 AUCは”どのくらいの濃度で、どのくらいの時間、薬が体内で作用を発揮したのか?”を示します。

濃度と時間の両方を考慮した指標

 AUCは、血中濃度×時間で表され、最高血中濃度(Cmax)や半減期(t1/2)の要素も含めた総合的な指標になっています。
 血中濃度は高くなるものの消失が速い薬や、体内に長く残るものの血中濃度が低いままの薬では、どちらもAUCが高くなりません。
AUCとは2

 一般的に、AUCが大きいことは薬をたくさん利用できることを意味し、具体的には高い効果が得られる、あるいは副作用が強く出るといったことを意味します。

AUCで考える薬の用法や相互作用

 AUCは、同じ投与量で食前・食後の吸収効率を比較したり、薬同士の相互作用によって体内動態にどんな影響が出るかを考えるときによく用います。

※AUCが用法を考える基準になるものの例
『ドラール(一般名:クアゼパム)』・・・食後に飲むと、AUCが約2倍になって危険
『イトリゾール(一般名:イトラコナゾール)』・・・カプセルの用法は食直後、空腹時に飲むと33%にまで低下

※AUCが相互作用を考える基準になるものの例
水虫の薬『イトリゾール』と、睡眠薬『ハルシオン(一般名:トリアゾラム)』
 →『ハルシオン』のAUCが27倍にまで上昇

 

~注意事項~

◆用法用量はかかりつけの主治医・薬剤師の指示を必ずお守りください。
◆ここに記載されていることは「原則」であり、治療には各々の環境や状況により「例外」が存在します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

■主な活動


★6月22日のフジテレビ「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せました。
★3月23日発売の「異世界薬局(コミック版)」に薬学監修として携わりました。
★12月28日のYahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」に監修として携わりました。

★PharmaTribuneにて連載中

利益相反(COI)
特定の製薬企業との利害関係、開示すべき利益相反関係にある製薬企業は一切ありません。

■カテゴリ選択・サイト内検索

スポンサードリンク

■ご意見・ご要望・仕事依頼などはこちらへ

■お勧め書籍

recommended

■提携・協力先リンク


オンライン病気事典メドレー

banner2-r

250×63

  1. 活動実績

    【活動実績】日経トレンディ3月号の「花粉症対策記事」に情報提供しました
  2. 活動実績

    【活動実績】情報番組「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せまし…
  3. 活動実績

    【活動実績】日本薬剤師会による災害支援活動に従事しました
  4. 時事問題

    【活動実績】PharmaTribuneでコラム「世間を賑わした健康情報」連載中で…
  5. 活動実績

    【活動実績】コミック版「異世界薬局」に監修として携わりました
PAGE TOP