スポンサードリンク

抗ヒスタミン薬 相互作用

/

『アレグラ』を「グレープフルーツジュース」で飲むと効果が弱まる?~OATP阻害で起こる、Ca拮抗薬と逆の相互作用

回答:『アレグラ』の吸収は、「グレープフルーツジュース」で低下する

 アレルギー治療薬の『アレグラ(一般名:フェキソフェナジン)』は、「グレープフルーツジュース」を飲むと吸収が低下し、効果が弱まってしまう恐れがあります。
 また「グレープフルーツジュース」に限らず、「リンゴジュース」など他の果実飲料でも同じように効き目が弱まってしまう可能性があります。

 『アレグラ』を飲んでいる間は、「グレープフルーツジュース」を含めた果実飲料は避けることをお勧めします。

回答の根拠:『アレグラ』と「有機アニオン輸送ポリペプチド(OATP)」

 『アレグラ』は、小腸の「有機アニオン輸送ポリペプチド(Organic anion transporting polypeptide :OATP)」という輸送体(トランスポーター)によって、消化管から血液中に吸収されます。

 「グレープフルーツジュース」は、この「OATP」を強力に阻害するため、『アレグラ』の吸収が低下し、最高血中濃度が半分程度にまで低下することが報告されています1)。
アレグラとグレープフルーツジュース
 1) Clin Pharmacol Ther.71(1):11-20,(2002) PMID:11823753

 なお、「OATP」の働きは遺伝による個人差が大きいため、同じ薬であっても人によって効いたり効かなかったりする、といった現象も起こります。

「リンゴジュース」など他の果実飲料でも影響する恐れ

 『アレグラ』は、「グレープフルーツジュース」に限らず「リンゴジュース」など他の果実飲料でも作用に影響することが指摘されています。
 そのため、アメリカ食品医薬品局(FDA)は服用に関して「do not take with fruit juices」という表記で、果実飲料全体での相互作用に注意喚起をしています2)。

 2) Consumer Updates.ucm:292276

薬剤師としてのアドバイス:薬は、なるべく水で飲む

 「グレープフルーツジュース」に限らず、お茶で吸収が低下する貧血の薬牛乳で吸収が低下する抗生物質など、水以外のもので薬を飲むと様々なトラブルの元になります。
 こうした自己流の工夫は、症状を悪化させたり、思わぬ副作用を起こしたりする恐れがあるため、絶対に止めるようにしてください

 ただし、苦い薬をジュースなどと混ぜることで飲みやすくできる場合もあります。水で飲めない場合には、一度薬剤師と飲み合わせについて相談するようにしてください。

『イソバイド(一般名:イソソルビド)』を飲みやすくする方法
『タミフル(一般名:オセルタミビル)』を飲みやすくする方法
『クラリス(一般名:クラリスロマイシン)』を飲みやすくする方法
『クラバモックス(一般名:アモキシシリン + クラブラン酸)』を飲みやすくする方法

+αの情報:血圧の薬は、作用が強くなる

 「グレープフルーツジュース」のトラブルで有名なものに、血圧の薬「Ca拮抗薬」との相互作用があります。
 この相互作用では、薬の作用が強くなってしまうために、副作用として低血圧症状を起こしてしまう恐れがあります。

 『アレグラ』との相互作用とは全く別のメカニズムで起こり、また薬の作用が強くなるという点も全くの逆であることに注意が必要です。

※グレープフルーツジュースで相互作用が起こる原因
「Ca拮抗薬」との相互作用 → 薬を解毒・分解する酵素「CYP3A4」
『アレグラ』との相互作用 → 小腸から薬を吸収するトランスポーター「OATP」
グレープフルーツジュースで作用が強くなるもの、弱くなるもの

~注意事項~

◆用法用量はかかりつけの主治医・薬剤師の指示を必ずお守りください。
◆ここに記載されていることは「原則」であり、治療には各々の環境や状況により「例外」が存在します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

    • 匿名
    • 2017年 9月 07日

    アレグラはオレンジジュース、りんごジュースも避けるようにと聞いたことがあるのですがどうなんでしょうか?

      • Fizz-DI
      • 2017年 9月 07日

       『アレグラ』についてFDAは、「do not take with fruit juices(果実ジュースでは飲まないこと)」という表記で注意喚起しています(Consumer Updates:ucm292276)。
       このことから、基本的にグレープフルーツ・オレンジ・リンゴなど果実ジュースで飲むのは控えた方が良いと思われます。

       ※この旨、記事内へも記載致しました。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

■主な活動


★6月22日のフジテレビ「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せました。
★3月23日発売の「異世界薬局(コミック版)」に薬学監修として携わりました。
★12月28日のYahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」に監修として携わりました。

★PharmaTribuneにて連載中

利益相反(COI)
特定の製薬企業との利害関係、開示すべき利益相反関係にある製薬企業は一切ありません。

■カテゴリ選択・サイト内検索

スポンサードリンク

■ご意見・ご要望・仕事依頼などはこちらへ

■お勧め書籍

recommended

■提携・協力先リンク


オンライン病気事典メドレー

banner2-r

250×63

  1. 時事問題

    【活動実績】PharmaTribuneでコラム「世間を賑わした健康情報」連載中で…
  2. 活動実績

    【活動実績】日経新聞の土曜版「日経プラスワン」に取材協力しました
  3. 活動実績

    【活動実績】Yahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」の監修に携わりま…
  4. 活動実績

    【活動実績】情報番組「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せまし…
  5. 活動実績

    【活動実績】日経トレンディ3月号の「花粉症対策記事」に情報提供しました
PAGE TOP