スポンサードリンク

薬の飲み方 めまい・耳鳴り

/

『イソバイド』が不味い、何か良い飲み方はないのか?~めまい薬の矯味

回答:水で薄め、オレンジジュース・リンゴ酢と混ぜる

 めまいの治療に用いる『イソバイド(一般名:イソソルビド)』は、酸味と苦味の混ざった極めて独特の味がします。
 「めまいの治療をしているのに、あまりの不味さにめまいがする」、という声もあるほどです。

 この『イソバイド』の強烈な味は、水で薄めるほか、オレンジなど「柑橘系のジュース」や「リンゴ酢」と混ぜることで、かなり軽減することができます。

 不味いからといって薬を飲まないと、治療は進みません。腹を括って飲むことを強くお勧めします。

回答の根拠:何と混ぜたらマシになるのか、逆効果になるものは何か

 『イソバイド』を原液のまま飲んでも効き目に支障はありませんが、平気な人は多くありません。
 そのため通常は、冷たい水で2倍程度に希釈して服用します1)。水に薄めるだけでも、かなりマシになります。

 1) イソバイドシロップ 添付文書

 しかし、『イソバイド』の強烈な不味さは医療従事者の間でも有名なため、飲みやすさを工夫する研究まで行われています。
 この研究では、「オレンジジュース」や「リンゴ酢」と混ぜれば水よりも飲みやすくなり、逆に「野菜ジュース」や「コーヒー」、「牛乳」では余計に飲みづらくなることが報告されています2)。
イソバイドの矯味
 2) 日病薬誌.39:451,(2003)

糖質制限がある場合は、ジュースによる糖分過多に注意

 『イソバイド』は1日2~3回服用するため、毎回ジュースで割っていると糖分過多になる恐れがあります。
イソバイド~糖質制限の場合の矯味
 そのため、糖分制限をされている場合には「無糖の炭酸レモン」で薄めることをお勧めします。

薬剤師としてのアドバイス:薬を飲みにくいと感じたら、迷わず薬剤師へ相談を

 飲みづらいと感じながら、必死に頑張って薬を飲んでいる人は少なくありません。しかし、ちょっとでも飲みづらいなぁと感じたら、迷わず薬剤師に相談して欲しいと思います。

 『イソバイド』に限らず子どもの粉薬やシロップなども、どうすれば飲みやすくなるのかは、薬の専門家である薬剤師が詳しく知っています。

※薬を飲みやすくする工夫の例

『クラリス』ドライシロップ → バニラアイスクリーム
『タミフル』ドライシロップ → スポーツドリンク

 薬を飲みにくいと感じることはワガママでもなんでもありません、そういう薬なのだから仕方ないのです。遠慮せず相談して欲しいと思います。

 

~注意事項~

◆用法用量はかかりつけの主治医・薬剤師の指示を必ずお守りください。
◆ここに記載されていることは「原則」であり、治療には各々の環境や状況により「例外」が存在します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


【主な活動】

★「PharmaTribune」にてコラム「今月、世間を賑わした健康情報」連載中です。
★6月22日のフジテレビ「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せました。
★3月23日発売の「異世界薬局(コミック版)」に薬学監修として携わりました。
★12月28日のYahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」に監修として携わりました。

利益相反(COI)
特定の製薬企業との利害関係、開示すべき利益相反関係にある製薬企業は一切ありません。

■カテゴリ選択・サイト内検索

スポンサードリンク

■ご意見・ご要望・仕事依頼などはこちらへ

■お勧め書籍

recommended

■提携・協力先リンク


オンライン病気事典メドレー

banner2-r

250×63

  1. 活動実績

    【活動実績】Yahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」の監修に携わりま…
  2. 活動実績

    【活動実績】コミック版「異世界薬局」に監修として携わりました
  3. 活動実績

    【活動実績】情報番組「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せまし…
  4. 時事問題

    【活動実績】PharmaTribuneで連載コラムが始まりました
  5. 活動実績

    【活動実績】日経新聞の土曜版「日経プラス1」に取材協力しました
PAGE TOP