子どもの薬

  1. 【疾患別の目次】 子どもの薬

    【目次】子どもの薬に関するQ&A

    何と混ぜれば飲みやすくなるか、薬の上手な飲ませ方や、誤飲した時の対処、子ども用の薬の「困った」に関するQ&A…

  2. ステロイド(外用) 子どもの薬

    ”あせも”に「ステロイド」の塗り薬を処方された。そんな強い薬が必要?~治療期間を短くするために

    【薬剤師が執筆・監修】ダラダラと症状を長引かせるより、「ステロイド」の短期使用で集中的に治してしまう方法…

  3. 解熱鎮痛薬・NSAIDs 子どもの薬

    子どもの熱に『カロナール』を使ったが効かない。追加で飲ませるべき?~解熱薬で平熱まで熱を下げる必要は…

    【薬剤師が執筆・監修】『カロナール』を追加しようとする前に、考えるべきこと~熱が上がっている最中に解熱・冷却すると寒気が悪化することもある…

  4. 薬の飲み方 子どもの薬

    『クラリス』ドライシロップの味が苦い、良い飲ませ方はない?

    【薬剤師が執筆・監修】間違った飲ませ方で、苦味は強まる~コーティングを活かした服用方法…

  5. 知っておくべきこと 子どもの薬

    薬品や異物を誤飲した時は、吐かせるべき?

    【薬剤師が執筆・監修】「必ずしも、吐くことが得策ではない」ことを知っておこう…

  6. 薬の飲み方 子どもの薬

    学校や保育所・幼稚園に行っている間の薬、どうしたら良い?~お昼の薬の工夫

    【薬剤師が執筆・監修】「食後」である必要がなければ、朝・帰宅時・寝る前の3回で飲んでも良い~薬によって判断が変わるので、事前に医師・薬剤師に聞いておく…

  7. 妊娠、授乳 子どもの薬

    薬を飲んでいる間も、授乳して良いと言われた。何故?~乳児が摂取する薬の量(RID)を概算する

    【薬剤師が執筆・監修】乳児の薬物摂取量を概算し、授乳の大きなメリットと天秤にかけて考える…

  8. 薬の飲み方 子どもの薬

    『キプレス』の「チュアブル錠」を噛まずに飲みこんでしまった。どうしよう?

    【薬剤師が執筆・監修】「チュアブル錠」はそのまま飲んでも効果が得られるのか~添加物の「崩壊剤」の有無から考える溶出性と崩壊性の違い…

  9. 子どもの薬 薬物動態学

    子どもの飲み薬、どうして用法が食前になっているの?

    【薬剤師が執筆・監修】「食後」と指定されていない薬もある…

  10. 子どもの薬 感染症

    「プール熱」って何?~アデノウイルス感染で起こる結膜炎

    【薬剤師が執筆・監修】夏にプールで蔓延する、アデノウイルス感染症の症状と治療方法…

  11. 知っておくべきこと 子どもの薬

    子どもが家族の薬を誤飲してしまったとき、医師・薬剤師に伝えるべき3つのこと

    【薬剤師が執筆・監修】何を飲み込んだのか、いつ飲み込んだのか、今の体調や様子は・・・誤飲した薬や状況によって、緊急性や対応も大きく変わる…

■主な活動

【書籍】(羊土社)
薬局ですぐに役立つ 薬の比較と使い分け100

 

【薬学監修】
異世界薬局
m3.com 薬剤クイズ
Yahoo!ニュース動画
フジテレビ「直撃LIVE グッディ!」
yomiDr./日経新聞土曜版/日経トレンディ/大元気/女子SPA!ほか

 

 

【連載】
PharmaTribune「世間を賑わした健康情報」

 

利益相反(COI)
特定の製薬企業との利害関係、開示すべき利益相反関係にある製薬企業は一切ありません。

■カテゴリ選択・サイト内検索

スポンサードリンク

■ご意見・ご要望・仕事依頼などはこちらへ

■お勧め書籍・ブログ

recommended
recommended

スポンサードリンク
PAGE TOP