似た薬の違い

  1. 似た薬の違い AGA・薄毛

    『ザガーロ』と『アボルブ』、同じデュタステリド製剤の違いは?~脱毛症と前立腺肥大、適応症の違い

    【薬剤師が執筆・監修】男性型脱毛症と前立腺肥大の共通した原因~同一成分の薬でも、適応症によって商品が異なるケース…

  2. 抗ヒスタミン薬 似た薬の違い

    『ディレグラ』と『アレグラ』、同じアレルギー薬の違いは?~花粉症で鼻づまりが酷い時の薬

    【薬剤師が執筆・監修】『ディレグラ』=『アレグラ』+「プソイドエフェドリン」~鼻づまりを一時的に解消するための緊急措置的な薬で、2週間程度の使用に留める…

  3. 似た薬の違い 慢性腸疾患

    『ペンタサ』と『アサコール』、同じ「メサラジン」製剤の違いは?~ドラッグ・デリバリー・システムの違い…

    【薬剤師が執筆・監修】小腸から大腸にかけて徐々に薬を放出する『ペンタサ』と、pHが高くなる大腸に到達して初めて薬が溶出する『アサコール』~潰瘍性大腸炎は、きちん…

  4. 似た薬の違い インスリン

    『ランタス』・『レベミル』・『トレシーバ』、同じ持効型インスリン製剤の違いは?~値段、注射回数・時間…

    【薬剤師が執筆・監修】価格が安く24時間の効果で使い勝手が良い『ランタス』、朝夕で投与量を調整できる『レベミル』、決まった時間の注射でなくとも良い『トレシーバ』…

  5. 痛風治療薬 似た薬の違い

    『フェブリク』と『ザイロリック』、同じ尿酸生成抑制薬の違いは?~服用回数と作用の強さ、腎障害時の用量…

    【薬剤師が執筆・監修】1日1回の服用でより尿酸値を強力に下げる『フェブリク』、費用対効果の面で優れる『ザイロリック』~軽・中等度の腎障害時でも『フェブリク』は用…

  6. 似た薬の違い 薬の誤解

    「アスピリン」を飲んでいるから、『ワーファリン』は飲まなくても良い?~抗血小板薬と抗凝固薬

    【薬剤師が執筆・監修】「抗血小板薬」と「抗凝固薬」は全く別の薬である~心房細動に「アスピリン」を使っても、効果がないどころか、出血リスクが増える…

  7. 整腸剤・下痢止め 似た薬の違い

    『ビオフェルミン』の「錠」と「配合散」、同じ『ビオフェルミン』の違いは?~使われている菌種の違いと使…

    【薬剤師が執筆・監修】ヒトの善玉菌の主体「ビフィズス菌」の『ビオフェルミン錠』、「ビフィズス菌」の生育・活動を助ける「乳酸菌」と「糖化菌」の『ビオフェルミン配合…

  8. 似た薬の違い インスリン

    『ランタスXR』と『ランタス』、同じインスリン注射の違いは?~濃度を高めると、なぜ吸収が穏やかになる…

    【薬剤師が執筆・監修】濃度を3倍に高めた『ランタスXR』は吸収が穏やかになり、血中濃度が安定する~「無晶性沈殿物の単位当たりの表面積が小さくなる」とはどういうこ…

  9. SSRI・SNRI 似た薬の違い

    『イフェクサー』ってどんな薬?~第4世代SNRIの高い効果と、自殺リスクの議論

    【薬剤師が執筆・監修】抗うつ薬の有効性・忍容性ランキングで高評価を得る『イフェクサー』と、かつて議論を呼んだ自殺リスク上昇に対する解析結果…

  10. 解熱鎮痛薬・NSAIDs 似た薬の違い

    『ロキソニン』と『セレコックス』、同じ鎮痛薬の違いは?~速効性と持続性、COX-1・COX-2と副作…

    【薬剤師が執筆・監修】即効性と持続性の差、胃腸障害の少なさ、アスピリン喘息への安全な投与~COX-2を選択的に阻害する『セレコックス』の特徴…

  11. 似た薬の違い

    『ポステリザン』と『ボラザG』、同じ痔の治療薬の違いは?

    【薬剤師が執筆・監修】傷の治りを早め、感染防御力を高める『ポステリザン』と、ステロイドに頼らない抗炎症作用を持つ『ボラザG』…

  12. 似た薬の違い 保湿剤

    『ヒルドイド』と『パスタロン』、同じ保湿剤の違いは?~尿素はなぜ危ないと言われるのか

    【薬剤師が執筆・監修】刺激が少なく全身に使える『ヒルドイド』と、角質の多い手足に効果的な『パスタロン』~保湿剤も薬であって化粧品ではないことに注意…

  13. 似た薬の違い 造血薬・EPO製剤

    『ネスプ』と『ミルセラ』、同じエリスロポエチン製剤の違いは?~適応症の差と、作用時間と注射回数

    【薬剤師が執筆・監修】適応の広い『ネスプ』と、最も少ない注射回数で良い『ミルセラ』~作用時間が長く、注射回数を減らせる「エリスロポエチン」製剤…

  14. スタチン 似た薬の違い

    『クレストール』・『リピトール』・『リバロ』、同じコレステロールの薬の違いは?~効果の強さ、使用実績…

    【薬剤師が執筆・監修】使用実績が豊富な『リピトール』、作用が強力な『クレストール』、CYPの相互作用が少ない『リバロ』~効果・副作用は概ね変わらない「ストロング…

  15. 似た薬の違い 泌尿器科の薬

    『ハルナール』・『ユリーフ』・『フリバス』、同じ前立腺肥大の薬の違いは?~α1Aとα1Dの分布差と効…

    【薬剤師が執筆・監修】α1全体に作用する『ハルナール』、α1Aに作用する『ユリーフ』、α1Dに作用する『フリバス』~前立腺・膀胱・精嚢の「α1A受容体」と「α1…

  16. がん治療 似た薬の違い

    『ノルバデックス』と『アリミデックス』、同じ乳がん治療薬の違いは?~閉経の前後で異なる治療と、併用の…

    【薬剤師が執筆・監修】閉経の前後で使える『ノルバデックス』と、閉経後に使う『アリミデックス』、閉経の前後で「エストロゲン」の分泌が変わる薬~SERMとの併用の問…

  17. 似た薬の違い 統合失調症

    『レキサルティ』ってどんな薬?~『エビリファイ』との違い、副作用の少なさ

    【薬剤師が執筆・監修】『エビリファイ』との違い~高い忍容性を持つSDAM(Serotonin Dopamine Activity Modulateor)…

  18. 【疾患別の目次】 似た薬の違い

    【目次】似た薬の違い

    似た薬の違いと使い分け~なぜ別の薬ではなくこの薬が選ばれたのか、その理由を知る…

  19. 似た薬の違い めまい・耳鳴り

    『メリスロン』と『セファドール』、同じめまいの薬の違いは?~メニエール病への効果

    【薬剤師が執筆・監修】メニエール病で起こる「内リンパ水腫」を除去できる『メリスロン』と、内耳障害を改善する『セファドール』~ヒスタミン類似作用と抗コリン作用によ…

  20. 似た薬の違い 市販薬・OTC

    色々ある『バファリン』、何が違うの?~鎮痛薬を選ぶときのポイント

    【薬剤師が執筆・監修】処方薬と同じ用量のものから、子どもが1人で飲めるように用量を低く抑えた鎮痛薬まで…

  21. 似た薬の違い NaSSA

    『リフレックス』ってどんな薬?~NaSSAとSSRI・SNRIの作用機序の違い、眠気や太る副作用

    【薬剤師が執筆・監修】直接「ノルアドレナリン」や「セロトニン」を放出させ、「セロトニン」を正しい受容体へ導く作用がある『リフレックス』~1週目から効果が得られる…

■主な活動

【書籍】(羊土社)
薬局ですぐに役立つ 薬の比較と使い分け100

 

【薬学監修】
異世界薬局
m3.com 薬剤クイズ
Yahoo!ニュース動画
フジテレビ「直撃LIVE グッディ!」
yomiDr./日経新聞土曜版/日経トレンディ/大元気/女子SPA!ほか

 

 

【連載】
PharmaTribune「世間を賑わした健康情報」

 

利益相反(COI)
特定の製薬企業との利害関係、開示すべき利益相反関係にある製薬企業は一切ありません。

■カテゴリ選択・サイト内検索

スポンサードリンク

■ご意見・ご要望・仕事依頼などはこちらへ

■お勧め書籍・ブログ

recommended
recommended

  1. 薬剤師のありかた

    忙しい人にお勧めの「勉強・情報収集用ブログ」の紹介
  2. 活動実績

    【活動実績】コミック版「異世界薬局」に監修として携わりました
  3. 活動実績

    【活動実績】情報番組「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せまし…
  4. 活動実績

    【活動実績】Yahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」の監修に携わりま…
  5. 告知情報

    【書籍化のお知らせ】「薬局ですぐに役立つ 薬の比較と使い分け100」
PAGE TOP