似た薬の違い

  1. 似た薬の違い 利尿薬

    『セララ』と『アルダクトン』、同じアルドステロン拮抗薬の違いは?~女性化乳房の副作用とアルドステロン…

    【薬剤師が執筆・監修】選択的に作用する『セララ』は、『アルダクトン』より性機能に関する副作用が少ない~ARB・ACE阻害薬と併用する意義…

  2. 狭心症・心筋梗塞 似た薬の違い

    Ca拮抗薬には、たくさん種類があるけど、どう使い分けるの?~労作性・異型狭心症への適応の違い

    【薬剤師が執筆・監修】労作型狭心症と異型狭心症に対する適応の違い~Ca拮抗薬の使い分け…

  3. 似た薬の違い 胃粘膜保護薬

    『セルベックス』と『ムコスタ』、同じ胃薬の違いは?~適応症も同じ胃粘膜保護薬、頓服時の選び方

    【薬剤師が執筆・監修】適応症も同じ『セルベックス』と『ムコスタ』~食事の影響を受けない『ムコスタ』は痛み止めの頓服と併せて使いやすい…

  4. 狭心症・心筋梗塞 似た薬の違い

    『シグマート』ってどんな薬?~「ニトロ」と異なる使い方・作用機序と、頭痛を感じる理由

    【薬剤師が執筆・監修】作用時間が長く、心臓・血液動態に影響しない、毎日の服用に適した『シグマート』~冠血管攣縮抑制効果も…

  5. 似た薬の違い めまい・耳鳴り

    『カルナクリン』ってどんな薬?~めまいや耳鳴りに対する作用機序と、『アデホスコーワ』との違い

    【薬剤師が執筆・監修】一酸化窒素(NO)などの血管拡張因子を介した血流改善作用~血圧への影響…

  6. 抗真菌薬 似た薬の違い

    『ラミシール』と『イトリゾール』、同じ内服の水虫薬の違いは?~効果と治療期間、副作用や併用禁忌による…

    【薬剤師が執筆・監修】時間はかかるが高い効果の『ラミシール』、治療期間が短くて済む『イトリゾール』~副作用を避けるための血液検査や併用禁忌による使い分け…

  7. 似た薬の違い ビタミン

    『ビタノイリン』・『ノイロビタン』・『ビタメジン』、同じビタミンBの薬の違いは?~誘導体の違いと、ビ…

    【薬剤師が執筆・監修】「ビタミンB2」を配合するメリットと、誘導体の細かな違い~同じ目的で使う『ビタノイリン』・『ノイロビタン』・『ビタメジン』のビタミンB群の…

  8. 似た薬の違い 去痰・鎮咳薬

    『メジコン』と『アスベリン』、同じ咳止め薬の違いは?~効果・副作用の比較、使える年齢

    【薬剤師が執筆・監修】通常用量で「リン酸コデイン」に匹敵する『メジコン』、12歳未満での副作用や年少者の濫用リスクが少ない『アスベリン』…

  9. ステロイド(外用) 似た薬の違い

    「ステロイド外用剤」から『プロトピック』に変わったのは何故?~急性期と慢性期の治療目的

    【薬剤師が執筆・監修】長期使用や、顔への塗布など、「ステロイド外用剤」を使えない場合には『プロトピック』に切り替える…

  10. 似た薬の違い 抗ウイルス薬

    『バルトレックス』と『ゾビラックス』、同じヘルペス治療薬の違いは?~服用回数と吸収効率

    【薬剤師が執筆・監修】少ない服用回数で済む『バルトレックス』と、注射や塗り薬がある『ゾビラックス』~吸収効率を改善した「プロドラッグ」…

  11. 慢性腎不全・CKD 似た薬の違い

    『フェロミア』と『リオナ』、「クエン酸第一鉄」と「クエン酸第二鉄」は何が違う?

    【薬剤師が執筆・監修】消化管から吸収されるかどうかで変わる、鉄の用途…

  12. 似た薬の違い ステロイド(内服)

    『プレドニン』と『リンデロン』、同じステロイドの飲み薬の違いは?~作用の強さ・長さによる使い分け

    【薬剤師が執筆・監修】隔日投与・朝夕の調節がしやすい『プレドニン』と、作用が強力・長続きで、電解質への影響が少なく大量投与できる『リンデロン』~ステロイドの使い…

  13. 似た薬の違い 子どもの薬

    『ストラテラ』と『コンサータ』、同じADHD治療薬の違いは?~中枢への作用と即効性・依存性

    【薬剤師が執筆・監修】即効性に優れる『コンサータ』と、中枢に直接作用しない『ストラテラ』~『リタリン』の不正使用の影響…

  14. 糖尿病治療薬 似た薬の違い

    『ザファテック』と『マリゼブ』、同じ週1回のDPP-4阻害薬の違いは?~効果の比較と腎障害への投与

    【薬剤師が執筆・監修】『ザファテック』と『マリゼブ』の効果はほとんど同じ~効き目が長続きするメカニズムの違いで生じる、腎障害への投与の可否…

  15. 消化性潰瘍治療薬 似た薬の違い

    PPIとH2ブロッカー、同じ胃酸を抑える薬の違いは?~効果の強さと、投与日数の制限、ピロリ偽陰性

    【薬剤師が執筆・監修】1日1回で強力な効果が得られる「PPI」と、投与日数の制限やピロリ偽陰性のリスクが無い「H2ブロッカー」~昼夜の作用差による例外的な併用…

  16. 似た薬の違い インスリン

    『ライゾデグ配合注』ってどんな薬?~速効型と持続型のインスリンの配合

    【薬剤師が執筆・監修】超速効型『ノボラピッド』と持続型『トレシーバ』を配合したインスリン製剤…

  17. 似た薬の違い 点眼薬

    『アレジオン』と『パタノール』、同じアレルギーの目薬の違いは?~コンタクトレンズと保存料

    【薬剤師が執筆・監修】保存料「ベンザルコニウム」が使われていない『アレジオン』は、コンタクトレンズを付けたまま使える~使い勝手や使い心地は、治療効果に大きく影響…

  18. 似た薬の違い 片頭痛

    『マクサルト』・『アマージ』・『イミグラン』、同じ「トリプタン製剤」の違いは?~即効性と持続性による…

    【薬剤師が執筆・監修】速く効く『マクサルト』、長く効いて再発しにくい『アマージ』、点鼻や注射もある『イミグラン』~即効性と持続性のどちらを選ぶか、口から薬を飲め…

  19. 似た薬の違い 漢方薬

    同じ『葛根湯』でも、メーカーによって分量が違うのは何故?~「満量処方」の意味

    【薬剤師が執筆・監修】日本薬局方で定める『葛根湯』には4種類の処方がある~処方通りの分量で薬を作った「満量処方」と、副作用軽減のために分量を減らした「3/4処方…

  20. 似た薬の違い 保湿剤

    『プロペト』と『白色ワセリン』、同じ保湿剤の違いは?~ワセリン精製度による使い分け

    【薬剤師が執筆・監修】通常の「白色ワセリン」から、更に不純物・刺激物を取り除いた『プロペト』は、眼科用基剤としての規格に適合する…

  21. 似た薬の違い AGA・薄毛

    『ザガーロ』と『プロペシア』、同じAGA治療薬の違いは?~治療効果と値段の比較

    【薬剤師が執筆・監修】0.5mgまで増やせばより高い効果が期待できる『ザガーロ』、値段が安く「ジェネリック医薬品」もある『プロペシア』~薬価基準未収載のためAG…

■主な活動

【書籍】(羊土社)
薬局ですぐに役立つ 薬の比較と使い分け100

 

【薬学監修】
異世界薬局
m3.com 薬剤クイズ
Yahoo!ニュース動画
フジテレビ「直撃LIVE グッディ!」
yomiDr./日経新聞土曜版/日経トレンディ/大元気/女子SPA!ほか

 

 

【連載】
PharmaTribune「世間を賑わした健康情報」

 

利益相反(COI)
特定の製薬企業との利害関係、開示すべき利益相反関係にある製薬企業は一切ありません。

■カテゴリ選択・サイト内検索

スポンサードリンク

■ご意見・ご要望・仕事依頼などはこちらへ

■お勧め書籍・ブログ

recommended
recommended

  1. 活動実績

    【活動実績】日経トレンディ3月号の「花粉症対策記事」に情報提供しました
  2. 時事問題

    【活動実績】PharmaTribuneでコラム「世間を賑わした健康情報」連載中で…
  3. 活動実績

    【活動実績】日本薬剤師会による災害支援活動に従事しました
  4. 告知情報

    【書籍化のお知らせ】「薬局ですぐに役立つ 薬の比較と使い分け100」
  5. 活動実績

    【活動実績】情報番組「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せまし…
PAGE TOP