似た薬の違い

  1. 消化性潰瘍治療薬 似た薬の違い

    『ネキシウム』と『オメプラール』、同じPPIの違いは?~光学異性体と代謝酵素による個人差・小児用量

    【薬剤師が執筆・監修】CYP2C19の寄与が小さい『ネキシウム』は、『オメプラール』よりも個人差が少ない~ピロリ除菌の成功率に影響するPPIの個人差…

  2. ステロイド(外用) 似た薬の違い

    ステロイド外用剤の『リンデロン』、DP・V・VG・Aの違いは?~4種の強さと使い分け

    【薬剤師が執筆・監修】ステロイドとしての強さも異なる4種の『リンデロン』は、塗る場所の”皮膚の厚さ”によって使い分ける~虫刺されへの使用時は特に注意…

  3. 似た薬の違い 便秘薬

    『マグミット』と『プルゼニド』、同じ便秘薬の違いは?~作用と刺激の強さ、耐性、相互作用と効き始めの時…

    【薬剤師が執筆・監修】便を柔らかくする『マグミット』は腹痛・耐性もほとんど起こさない~腸を動かす『プルゼニド』は相互作用が少なく効き始めを予測しやすい…

  4. 似た薬の違い 外用剤

    『オイラックス』と『オイラックスH』、同じ痒み止めの塗り薬の違いは?~ステロイドの有無

    【薬剤師が執筆・監修】『オイラックス』が痒みを抑えるメカニズムと、『オイラックスH』に含まれる「ヒドロコルチゾン」の強さと濃度~ステロイドの有無と効果・使い方の…

  5. DPP-4阻害薬 似た薬の違い

    『ネシーナ』と『ザファテック』、同じDPP-4阻害薬の違いは?~化学構造と作用時間・服用回数

    【薬剤師が執筆・監修】『ネシーナ』にフッ素(F)を導入したことで、DPP-4阻害活性が1週間続くようになった『ザファテック』~間違って毎日服用しても低血糖を起こ…

  6. 似た薬の違い 血栓症(抗血小板薬・抗凝固薬)

    『ワーファリン』と『バイアスピリン』、同じ血液をサラサラにする薬の違いは?~抗凝固薬と抗血小板薬

    【薬剤師が執筆・監修】『ワーファリン』などの「抗凝固薬」は心不全や不整脈で血液が滞るとできる「赤色血栓」に、『バイアスピリン』などの「抗血小板薬」は動脈硬化でで…

  7. 似た薬の違い 薬の誤解

    睡眠薬、睡眠導入剤、安定剤の違いは何?

    【薬剤師が執筆・監修】短時間型の睡眠薬の俗称「睡眠導入剤」、抗不安薬の俗称「安定剤」は、あくまで俗称であって正式な分類ではない…

  8. 似た薬の違い 点眼薬

    『アレジオン点眼液』、コンタクトレンズをつけたまま点眼しても良い?

    【薬剤師が執筆・監修】ソフトコンタクトレンズに吸着してしまう防腐剤「ベンザルコニウム」を使わずに製剤化した『アレジオン』点眼液~コンタクトレンズと点眼液の関係…

  9. 抗ヒスタミン薬 似た薬の違い

    『ザイザル』と『シングレア』、同じアレルギー薬の違いは?~「ヒスタミン」と「ロイコトリエン」

    【薬剤師が執筆・監修】くしゃみ・鼻水・痒みの原因「ヒスタミン」と、鼻づまり・喘息の原因「ロイコトリエン」~『ザイザル』と『シングレア』の適応症の違いと使い分け…

  10. 似た薬の違い AGA・薄毛

    『プロペシア』と『リアップ』、同じ薄毛治療の薬の違いは?~男女での効果差と副作用・購入方法の比較

    【薬剤師が執筆・監修】男性専用で効果の高い内服薬『プロペシア』、男女問わず使用できる外用薬『リアップ』~男女で異なる効果と、注意すべき副作用・購入方法の違い…

  11. 抗ヒスタミン薬 似た薬の違い

    『ザイザル』と『アレグラ』、同じ抗ヒスタミン薬の違いは?~効果と眠気の強さ

    【薬剤師が執筆・監修】効果の高い『ザイザル』と、眠くなりにくい『アレグラ』の根拠~アレルギーを抑える効果の比較と、眠気・インペアードパフォーマンスによる労働生産…

  12. 似た薬の違い 去痰・鎮咳薬

    『ムコダイン』と『ムコソルバン』、同じ去痰薬の違いは?~痰と気道への作用と併用の意味

    【薬剤師が執筆・監修】痰の粘度を減らす『ムコダイン』と、気道を整えて痰の引っかかりを減らす『ムコソルバン』~”痰を出しやすくする”という共通の目的と、併用の実例…

  13. 似た薬の違い 薬の塗り方

    軟膏とクリーム、ローションの違いは?~使い心地・刺激・皮膚への付着性

    【薬剤師が執筆・監修】皮膚にしっかり付着するか、さらっとして使い心地が良いか~使い心地で選んで良いとは限らない、厳密な使い分け…

  14. 似た薬の違い 吐き気・つわり

    『ナウゼリン』と『プリンペラン』、同じ吐き気止めの違いは?~血液脳関門と錐体外路障害、妊娠・授乳中の…

    【薬剤師が執筆・監修】「血液脳関門」を通らない『ナウゼリン』と、通る『プリンペラン』~中枢性の吐き気に対する効果と錐体外路障害の副作用、妊娠中と授乳中で変わる安…

  15. 知っておくべきこと 似た薬の違い

    ガスターD錠の『D』って何?~D錠・OD錠・RM錠といった口腔内崩壊錠

    【薬剤師が執筆・監修】Disintegrant(崩壊)は、唾液でさっと溶けて飲みやすい剤型の工夫~薬の効果は変わらない…

  16. 似た薬の違い インフルエンザ

    『タミフル』・『リレンザ』・『イナビル』・『ラピアクタ』、同じインフルエンザ治療薬の違いは?~投与経…

    【薬剤師が執筆・監修】子どもや高齢者でもわかりやすい飲み薬の『タミフル』、B型に有効な吸入薬の『リレンザ』、1回の吸入で治療が終わる『イナビル』、点滴で使う『ラ…

  17. 似た薬の違い 殺菌・消毒薬

    「のど飴」と「トローチ」は、何が違うの?~喉の不快感解消と感染予防

    【薬剤師が執筆・監修】喉の不快感を解消するための「のど飴」と、感染を防ぐための『SPトローチ』~「トローチ」は剤形を意味するもの…

  18. 似た薬の違い 貧血

    『フェロミア』と『フェロ・グラデュメット』、同じ鉄剤の違いは?~胃酸の影響と錠剤の大きさ、お茶の相互…

    【薬剤師が執筆・監修】胃酸の少ない状態でも安定して吸収される『フェロミア』、錠剤が小さく飲みやすい『フェロ・グラデュメット』~制酸薬やお茶(タンニン)との相互作…

  19. 整腸剤・下痢止め 似た薬の違い

    『ビオフェルミン』と『ビオフェルミンR』、同じ整腸剤の違いは?~耐性と抗生物質との併用

    【薬剤師が執筆・監修】耐性(Resistance)を持つ『ビオフェルミンR』は、普通の『ビオフェルミン』と違って抗生物質と一緒に使える~抗生物質の副作用予防・改…

  20. ステロイド(外用) 似た薬の違い

    『ケナログ』と『デキサルチン』、同じ口内炎の薬の違いは?~効果と副作用・適応症

    【薬剤師が執筆・監修】歯肉炎にも適応のある『ケナログ』、治癒効果や副作用の点で優れる『デキサルチン』~発熱を伴う・まぶたの裏にも症状がある口内炎には要注意…

■主な活動

【書籍】(羊土社)
薬局ですぐに役立つ 薬の比較と使い分け100

 

【薬学監修】
異世界薬局
m3.com 薬剤クイズ
Yahoo!ニュース動画
フジテレビ「直撃LIVE グッディ!」
yomiDr./日経新聞土曜版/日経トレンディ/大元気/女子SPA!ほか

 

 

【連載】
PharmaTribune「世間を賑わした健康情報」

 

利益相反(COI)
特定の製薬企業との利害関係、開示すべき利益相反関係にある製薬企業は一切ありません。

■カテゴリ選択・サイト内検索

スポンサードリンク

■ご意見・ご要望・仕事依頼などはこちらへ

■お勧め書籍・ブログ

recommended
recommended

  1. 活動実績

    【活動実績】情報番組「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せまし…
  2. 活動実績

    【活動実績】コミック版「異世界薬局」に監修として携わりました
  3. 活動実績

    【活動実績】Yahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」の監修に携わりま…
  4. 告知情報

    【書籍化のお知らせ】「薬局ですぐに役立つ 薬の比較と使い分け100」
  5. 活動実績

    【活動実績】日経新聞の土曜版「日経プラスワン」に取材協力しました
PAGE TOP