『ガナトン』と『ガスモチン』、同じ胸やけ・胃炎の薬の違いは?~ドパミンとセロトニンへの作用と副作用


回答:ドパミンを介する『ガナトン』、セロトニンを介する『ガスモチン』

 『ガナトン(一般名:イトプリド)』と『ガスモチン(一般名:モサプリド)』は、どちらも慢性的な胃炎による胸やけなどの症状を抑える薬です。

 『ガナトン』はドパミン、『ガスモチン』はセロトニンを介して作用を発揮するため、副作用の傾向に多少の違いがあり、体質や併用薬によって使い分ける場合があります。
ガナトンとガスモチン~介する受容体の違い
 ただし、どちらの薬も消化管の働きを活発にするという同じ目的で使われるもので、厳密な使い分けが必要な薬ではありません。



回答の根拠①:異なる作用機序~『ガナトン』と『ガスモチン』の副作用

 『ガナトン』は、「ドパミンD2受容体」に拮抗することで「アセチルコリン」を増やし、消化管の運動を活発にします1)。
 『ガスモチン』は、「セロトニン5-HT4受容体」を刺激することで「アセチルコリン」を増やし、消化管の運動を活発にします2)。
ガナトンとガスモチン~ドパミンとセロトニン
 1) ガナトン錠 添付文書
 2) ガスモチン錠 添付文書


 それぞれ作用する受容体が異なるため、副作用の傾向に違いがあります。

 「ドパミン」は、身体の骨格筋の働きも司っています。そのため、「ドパミン」に作用する薬は身体が震えたり強張ったりする「錐体外路障害」という副作用を起こす恐れがあります(例:『プリンペラン(一般名:メトクロプラミド)』)。

 「セロトニン」は、消化器の働きに大きく関与しています。そのため、「セロトニン」に作用する薬は副作用として「下痢」などを起こしやすい傾向があります(例:『ジェイゾロフト(一般名:セルトラリン)』)。

 どちらの副作用も頻繁に起こるものではありませんが、薬を使う人の体質や持病によって使い分ける必要がある場合もあります。



回答の根拠②:共通の目的~『ガナトン』と『ガスモチン』の適応症

 『ガナトン』と『ガスモチン』は、どちらも慢性的な胃炎によって起こる症状を抑えるために使う薬です1,2)。適応症の表現には若干の違いがありますが、処方目的は同じです。 

※『ガナトン』の適応症 1)
慢性胃炎における消化器症状(腹部膨満感、上腹部痛、食欲不振、胸やけ、悪心、嘔吐)

※『ガスモチン』の適応症 2)
慢性胃炎に伴う消化器症状(胸やけ、悪心・嘔吐)



薬剤師としてのアドバイス:ピロリ菌の感染や、機能性ディスペプシアにも注意

 『ガナトン』や『ガスモチン』は、あくまで胸やけなどの症状を抑える薬です。この胸やけに明らかな原因がある場合には、その原因を根本的に治療する必要があります。

 例えば、逆流性食道炎の場合にはPPIやH2ブロッカーといった胃酸を抑える薬を、ピロリ菌に感染している場合には抗生物質による除菌を行う必要があります。
 また、明らかな病変が無いにも関わらず胸やけや胃の痛みを繰り返す場合には、「機能性ディスペプシア」の可能性もあります。こうした場合には、食事・生活習慣を見直すとともに、『アコファイド(一般名:アコチアミド)』など専用の薬を使う必要があります。

 『ガナドン』と『ガスモチン』はどちらも値段が安く副作用も少ない薬ですが、こうした薬も漫然と使い続けるのではなく、まずは胸やけの原因を明らかにすることも必要です。



添付文書、インタビューフォーム記載内容の比較

◆適応症
ガナトン:慢性胃炎における消化器症状(腹部膨満感、上腹部痛、食欲不振、胸やけ、悪心、嘔吐)
ガスモチン:慢性胃炎に伴う消化器症状(胸やけ、悪心・嘔吐)、X線造影検査前処置の補助

◆用法
ガナトン:1日150mgを3回に分けて。食前に
ガスモチン:1日15mgを3回に分けて。食前でも食後でも可

◆錐体外路障害の副作用
ガナトン:0.1%未満
ガスモチン:なし

◆下痢の発生頻度(承認時)
ガナトン:0.7%
ガスモチン:1.8%

◆製造販売元
ガナトン:アステラス製薬
ガスモチン:大日本住友製薬



 ~注意事項~
◆用法用量はかかりつけの主治医・薬剤師の指示を必ずお守りください。
◆ここに記載されていることは「原則」であり、治療には各々の環境や状況により「例外」が存在します。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

カスタム検索


コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック

トラックバックURL