スポンサードリンク

薬の誤解 副作用

/

薬の副作用に「悪夢」って書いてあるんだけど、どういうこと?~アレルギー薬にもある不思議な副作用

注意事項:「悪夢」と”気持ち悪い夢”は、全く別のもの

 ここで言う「悪夢」とは、”なんとなく気持ちが悪い夢を見た”といったようなものではありません。

 様々な定義がなされていますが、主に以下の2点が共通点として挙げられます。

1. 強い恐怖で睡眠から中途覚醒し、睡眠障害を起こす
2. 極めて鮮明な内容の夢を見るため、その内容を明瞭に話すことができる

 多少、変な夢を見たからといって副作用だと決めつけ、薬を自己判断で中断するようなことは絶対にやめてください。

回答:多くの薬で起こり得る

 「悪夢」は「睡眠時随伴症」の1つに分類される、睡眠障害を起こす要因です。主に発熱やストレス、過労やアルコール摂取などの要因で起こりやすい症状です。

 しかし頻度は低いものの、薬の副作用によっても「悪夢」を見る可能性があります。

 詳しいメカニズムは解明されていませんが、以下のような性質を持つ薬では、「悪夢」を見る可能性があります。

1. 脳内神経伝達物質「セロトニン」、「ノルアドレナリン」、「アセチルコリン」、「ドパミン」に作用する薬
2. 脳内で覚醒や鎮静を司る「GABA」や「ヒスタミン」に作用する薬
3. 「血液脳関門」を通過し、脳へ到達しやすい薬
4. 睡眠システムに作用する睡眠薬や抗不安薬

 ただし、薬を服用中に一度だけ「悪夢」を見たからといって副作用だと決めつけるのは非常に問題です。この副作用はそもそも極めて稀なものです。
 また、薬が必要な状態、つまり何かの病気で症状がある場合、身体には大きなストレスがかかっています。このストレスが原因で「悪夢」を見たと考える方が妥当なケースも多く存在します。

 例えば、アレルギーの薬を飲んでいる、かつ、鼻が詰まっている状態で首を絞められる夢を見た場合、どちらかというと原因は「鼻づまり」にあると見た方が妥当です。

 「悪夢」について気になる場合は必ず、医師・薬剤師と薬について相談するようにしてください。

回答の根拠①:レム睡眠が増えると、夢を見る

 ヒトは、レム睡眠の時に夢を見ます。そのため、レム睡眠を誘発するような薬は「悪夢」を起こす可能性があります。

 レム睡眠は「セロトニン」や「ノルアドレナリン」によって抑制され、「アセチルコチン」によって促進されます。

 そのため、こうした脳内伝達物質に作用する薬でレム睡眠の時間が増えると、夢を見る時間が長くなります。その結果、「悪夢」を見る確率も高くなります。

 また、アレルギーの原因にもなる「ヒスタミン」は、脳内では”覚醒”を司っています。そのため、抗アレルギー薬を使うと脳の”覚醒”のバランスが崩れることで「悪夢」を見る可能性があります。

回答の根拠②:血液脳関門を通過する薬

 脳は重要な組織のため、”入って良い物質”と”入ってはいけない物質”を選別しています。これを「血液脳関門」と呼びます。
 この「血液脳関門」を通過できる、つまり脳に”入って良い物質”と見なされるタイプの薬は、「悪夢」の副作用を起こす可能性があります。

 「悪夢」に限らず、眠気や頭痛、めまいといった中枢系の副作用は、この「血液脳関門」を通るか否かで、発生頻度が大きく変わります。(例:『ナウゼリン』と『プリンペラン』の比較

回答の根拠③:抗不安薬や睡眠薬

 ベンゾジアゼピン系の睡眠薬は、レム睡眠を減らして睡眠の質を向上させる作用があります。しかし、薬を急に減らしたり止めたりすると、反動でレム睡眠が増えることがあります。

 その結果、「悪夢」を見ることがあります。

 また、睡眠薬は「GABA」受容体に作用するなど、ヒトの睡眠システムに作用しています。何らかの要因で「悪夢」を見ても不思議ではありません。

薬剤師としてのアドバイス:何度か繰り返す場合は、副作用を疑う

 先述の通り、症状や副作用としての「悪夢」は、”少し妙な夢を見た”というレベルのものではありません。明らかに異常な恐怖や不安によって睡眠に支障を来たすものを言います。

 「悪夢」の原因が薬であるかどうかを見極めるポイントは、以下の2点です。

①服用を始めてから急に「悪夢」を見るようになった
②薬を飲むと何度も繰り返して「悪夢」を見る

 ※参考:Naranjo有害事象因果関係判定スケール

 薬を飲んでいる期間に、たまたま一度だけ「悪夢」を見たからといって、副作用だと決めつけるのは良くありません。
 しかし、薬を飲み始めて以来、何度か「悪夢」を繰り返すようであれば、薬の副作用を疑う必要があります。一度その旨を医師・薬剤師に相談してください。

 「悪夢」の原因が薬であった場合、原因となった薬を変更することですぐに改善します。もし改善しない場合は、ストレスや睡眠環境など、薬以外の原因を考える必要があります。

  

 

~注意事項~

◆用法用量はかかりつけの主治医・薬剤師の指示を必ずお守りください。
◆ここに記載されていることは「原則」であり、治療には各々の環境や状況により「例外」が存在します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

■主な活動


★6月22日のフジテレビ「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せました。
★3月23日発売の「異世界薬局(コミック版)」に薬学監修として携わりました。
★12月28日のYahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」に監修として携わりました。

★PharmaTribuneにて連載中

利益相反(COI)
特定の製薬企業との利害関係、開示すべき利益相反関係にある製薬企業は一切ありません。

■カテゴリ選択・サイト内検索

スポンサードリンク

■ご意見・ご要望・仕事依頼などはこちらへ

■お勧め書籍

recommended

■提携・協力先リンク


オンライン病気事典メドレー

banner2-r

250×63

  1. 活動実績

    【活動実績】情報番組「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せまし…
  2. 活動実績

    【活動実績】コミック版「異世界薬局」に監修として携わりました
  3. 活動実績

    【活動実績】日本薬剤師会による災害支援活動に従事しました
  4. 活動実績

    【活動実績】日経新聞の土曜版「日経プラスワン」に取材協力しました
  5. 時事問題

    【活動実績】PharmaTribuneでコラム「世間を賑わした健康情報」連載中で…
PAGE TOP