スポンサードリンク

似た薬の違い AGA・薄毛

/

『ザガーロ』と『プロペシア』、同じAGA治療薬の違いは?~治療効果と値段の比較

回答:高い効果が期待できる『ザガーロ』、値段を安く抑えられる『プロペシア』

 『ザガーロ(一般名:デュタステリド)』と『プロペシア(一般名:フィナステリド)』は、どちらも男性型脱毛症(AGA:androgenetic alopecia)の治療薬です。

 『ザガーロ』は、0.5mgまで増やすことで『プロペシア』より高い効果が得られます。
 『プロペシア』は、『ザガーロ』より値段が安く「ジェネリック医薬品」もあるため、経済的負担を抑えられます。
ザガーロとプロペシア
 どちらも、薄毛の主な原因となる「ジヒドロテストステロン」を減らす「5α還元酵素阻害薬」で、作用は同じです。また、どちらの薬もカプセルから出したり、錠剤を割ったりしないよう注意が必要です。

回答の根拠①:治療効果の比較~上限量と作用の違い

 『ザガーロ』は1日0.1~0.5mg、『プロペシア』は1日0.2~1mgで使います1,2)。

 1) ザガーロカプセル 添付文書
 2) プロペシア錠 添付文書

 『ザガーロ』を1日0.1mg使った場合と、『プロペシア』を1日1mg使った場合とでは、治療効果は同じくらいになります。しかし、『ザガーロ』を1日0.5mgにまで増やすと、毛髪の数・太さの評価でより高い治療効果が得られることが報告されています3)。
ザガーロとプロペシア~用量と効果の違い
 3) J Am Acad Dermatol.70(3):489-498,(2014) PMID:24411083

 特に、『ザガーロ』は安全に増量できること3)から、より高い効果を期待する場合には『ザガーロ』を1日0.5mgで使う方法が選ばれます。

作用する酵素型の違い

 『ザガーロ』と『プロペシア』は、どちらも男性ホルモン「テストステロン」を脱毛の原因物質「ジヒドロテストステロン」に変換する「5α還元酵素」を阻害することで、薄毛を治療する薬です。

 『ザガーロ』は「5α還元酵素」のⅠ型とⅡ型の両方を、『プロペシア』は「5α還元酵素」のⅡ型を選択的に阻害します1,2)。
ザガーロとプロペシア~作用する酵素型
 治療効果の差は、この作用の違いによって生じると考えられています。

回答の根拠②:値段の差~AGAは基本的に全額自費

 『ザガーロ』や『プロペシア』は、医療保険が適用されない「薬価基準未収載」の薬です1,2)。そのため保険は使えず、治療にかかる費用は全額自己負担になります。
 なお、実際の価格も医療機関がそれぞれ独自に設定しますが、地域差があまり大きくならないよう、ある程度の価格目安が定められている場合があります。

※AGA治療薬の価格の目安
ザガーロ:『プロペシア』よりやや高め (ジェネリック医薬品は無い)
プロペシア:1錠250~300円程度 (ジェネリック医薬品は、この80%程度)

 自己負担のAGA治療では、薬の値段差がそのまま経済的負担の差につながるため、治療を続けるためには少しでも値段の安い薬を選ぶことも必要です。

薬剤師としてのアドバイス:子どもや女性は、薬に触れない

 『ザガーロ』や『プロペシア』の有効成分は、皮膚から吸収されてしまいます
 『ザガーロ』はカプセルに、『プロペシア』は錠剤にコーティングが施されているため、普通に薬を取扱っている限りは、有効成分に直接触れることはありません。
ザガーロとプロペシア~コーティング
 しかし、カプセルが破れた場合や、錠剤が割れたような場合には、有効成分が露出した状態になります。こうした状態の薬に子どもや女性が触れると、身体の成長・胎児の成長に悪影響を及ぼす恐れがあります。

 『ザガーロ』や『プロペシア』は、カプセルから出したり錠剤を割ったりといったように、薬に勝手に手を加えないように注意し、もし子どもや女性が触れてしまった場合には、すぐに流水と石鹸で洗うようにしてください。

ポイントのまとめ

1. 『ザガーロ』0.1mgと、『プロペシア』1mgで同じくらいの効果が得られる
2. 『ザガーロ』は0.5mgまで増やすことで、より高い治療効果が得られるようになる
3. 保険が使えないため、『プロペシア』やそのジェネリック医薬品は、財布に優しい選択肢になる

添付文書、インタビューフォーム記載内容の比較

◆適応症
ザガーロ:男性における、男性型脱毛症
プロペシア:男性における、男性型脱毛症の進行遅延

◆薬価基準
ザガーロ:未収載
プロペシア:未収載

◆用法
ザガーロ:1日1回
プロペシア:1日1回

◆用量
ザガーロ:0.1~0.5mg
プロペシア:0.2~1mg

◆剤型の種類
ザガーロ:カプセル(0.1mg、0.5mg)
プロペシア:錠剤(0.2mg、1mg)
脱カプセル、錠剤の粉砕はどちらも不可

◆製造販売元
ザガーロ:グラクソ・スミスクライン
プロペシア:MSD

+αの情報:個人輸入は全くお勧めできない

 AGAの薬は「個人輸入して使いたい」という人も少なくありません。

 しかし、個人輸入で購入できる薬の多くは非正規品で、正規の薬のように有効成分が均一でないこと、安全性が認められていない添加物が使われていることなど、薬としての安全性に著しく劣ります。
 特に、箱や見た目は本物でも薬の成分が全く異なる、といったケースも少なくありません。

 さらに万が一、薬によって副作用が起きた場合でも、個人輸入の薬を使っていた場合は「副作用被害救済制度」の対象外となり、一切の補償を受けることができません。

 これらのことから、個人輸入で薬を使うことは全くお勧めできません。必ず、専門の病院を受診した上で薬を処方してもらうようにしてください。

~注意事項~

◆用法用量はかかりつけの主治医・薬剤師の指示を必ずお守りください。
◆ここに記載されていることは「原則」であり、治療には各々の環境や状況により「例外」が存在します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

■主な活動


★6月22日のフジテレビ「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せました。
★3月23日発売の「異世界薬局(コミック版)」に薬学監修として携わりました。
★12月28日のYahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」に監修として携わりました。

★PharmaTribuneにて連載中

利益相反(COI)
特定の製薬企業との利害関係、開示すべき利益相反関係にある製薬企業は一切ありません。

■カテゴリ選択・サイト内検索

スポンサードリンク

■ご意見・ご要望・仕事依頼などはこちらへ

■お勧め書籍

recommended

■提携・協力先リンク


オンライン病気事典メドレー

banner2-r

250×63

  1. 時事問題

    【活動実績】PharmaTribuneでコラム「世間を賑わした健康情報」連載中で…
  2. 活動実績

    【活動実績】情報番組「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せまし…
  3. 活動実績

    【活動実績】日経新聞の土曜版「日経プラスワン」に取材協力しました
  4. 活動実績

    【活動実績】日経トレンディ3月号の「花粉症対策記事」に情報提供しました
  5. 活動実績

    【活動実績】Yahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」の監修に携わりま…
PAGE TOP