スポンサードリンク

知っておくべきこと 副作用

/

犬や猫の”目ヤニ”が酷い。人間用の目薬を使っても良い?

回答:使わない方が良い

 効果がある・ない、といった議論の前に、こうした不適切な薬の使用をした場合、何かトラブルが起きても一切の補償を受けることができません。 

 そもそも、犬や猫とヒトとでは、ホルモンや生理活性の調節など様々なシステムに違いがあります。

 ペットのことを想うのであれば、そんな不適切な自己流の治療を行うべきではありません。

回答の根拠:薬によるトラブルの補償は、あくまで”正しく使っていた”場合のみ

 薬は、正しく使っていても副作用などのトラブルに見舞われる可能性があります。

 こうした不可避なトラブルについては、「医薬品副作用被害救済制度」などの公的機関の補償を受けることができます。
 しかし、こうした制度を受けられるのは、”正しく薬を使った”場合に限られます。

 人間用の薬を、犬や猫などの動物に使ったような場合は、当然”正しい使い方”にはならず、メーカーによる補償なども一切受けられない可能性があります。

薬剤師としてのアドバイス:動物の薬は獣医に相談を

 犬がネギ類を食べると中毒を起こすことは有名です。一方、人間はネギ類を平気で食べます。
 また、人間にとっては虫歯にならない甘味料「キシリトール」は、犬にとっては急激な低血糖を起こす毒物です

 このように、たとえ同じ哺乳類であっても、どういった成分が毒になるのか全く異なります。

 人間用の薬は、当然人間が安全かつ有効に使えるように作られたものであって、犬や猫に使うことを想定していません。
 極端な話、ネギやキシリトールのように人間には無害でも、犬や猫にとって有害な成分を使っている可能性は大いにあります。

 動物用の薬は、必ず獣医に相談するようにしてください。

 なお、薬剤師は人間用の薬の専門家ですが、動物用の薬については詳しくないことがほとんどです。何か相談する場合は、薬局よりも動物病院を頼ることをお勧めします。

 

~注意事項~

◆用法用量はかかりつけの主治医・薬剤師の指示を必ずお守りください。
◆ここに記載されていることは「原則」であり、治療には各々の環境や状況により「例外」が存在します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

■主な活動


★6月22日のフジテレビ「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せました。
★3月23日発売の「異世界薬局(コミック版)」に薬学監修として携わりました。
★12月28日のYahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」に監修として携わりました。

★PharmaTribuneにて連載中

利益相反(COI)
特定の製薬企業との利害関係、開示すべき利益相反関係にある製薬企業は一切ありません。

■カテゴリ選択・サイト内検索

スポンサードリンク

■ご意見・ご要望・仕事依頼などはこちらへ

■お勧め書籍

recommended

■提携・協力先リンク


オンライン病気事典メドレー

banner2-r

250×63

  1. 活動実績

    【活動実績】日経新聞の土曜版「日経プラスワン」に取材協力しました
  2. 活動実績

    【活動実績】Yahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」の監修に携わりま…
  3. 活動実績

    【活動実績】日本薬剤師会による災害支援活動に従事しました
  4. 活動実績

    【活動実績】情報番組「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せまし…
  5. 活動実績

    【活動実績】日経トレンディ3月号の「花粉症対策記事」に情報提供しました
PAGE TOP