うつ病

  1. SSRI・SNRI 似た薬の違い

    『レクサプロ』と『ジェイゾロフト』、同じSSRIの違いは?~初期投与量と10代への効果

    【薬剤師が執筆・監修】初日から治療用量で飲める『レクサプロ』、副作用を少なく抑えられる『ジェイゾロフト』~18歳未満の若年層へのSSRIの効果…

  2. SSRI・SNRI 漢方薬

    『五苓散』は二日酔いに効く?~アルコール分解と、SSRIの副作用への効果

    【薬剤師が執筆・監修】水の代謝を正常化し、アルコール分解を促すことで「二日酔い」にも適応のある『五苓散』~SSRIの飲み始めに起こる吐き気にも効果的…

  3. SSRI・SNRI うつ病の治療

    なぜ『パキシル』や『ジェイゾロフト』などのSSRIは、効果が現れるまでに2週間以上もかかるの?~BD…

    【薬剤師が執筆・監修】SSRIが脳の「セロトニン」を増やす、その「セロトニン」がBDNFの数を増やす、増えたBDNFが脳の神経細胞やシナプスを修復する、という3…

  4. SSRI・SNRI 神経障害性疼痛治療薬

    抗うつ薬の『サインバルタ』が腰痛に効く?~神経痛へのSNRIの効果

    【薬剤師が執筆・監修】『サインバルタ』は「セロトニン」と「ノルアドレナリン」の作用を高め、痛みを抑える「下行性疼痛抑制系」の働きを強化することで、「慢性腰痛症」…

  5. うつ病の治療 統合失調症

    うつ病に『ジプレキサ』を処方されたのは何故?~うつ病の分類と処方意図

    【薬剤師が執筆・監修】「双極性障害」の躁症状とうつ症状の両方に適応を持つ『ジプレキサ』の処方意図~SSRIやSNRIの落とし穴…

  6. うつ病の治療 薬の特別な使い方

    『リーマス』ってどんな薬?~自殺予防効果が認められた唯一の薬

    【薬剤師が執筆・監修】炭酸リチウム製剤が双極性障害に推奨される理由と、即効性のある『ジプレキサ』との使い分け…

  7. SSRI・SNRI 子どもの薬

    『パキシル』は、18歳未満の大うつ病性障害患者に効果はないのか~小児への「プラセボ」の大きな効果

    【薬剤師が執筆・監修】7~11歳の”child”と、12~17歳の”adlescent”の年齢層で異なる結果が出た文献の中身と、18歳未満への投与も必ずしも間違…

  8. SSRI・SNRI 薬の誤解

    SSRIやSNRIなどの抗うつ薬は、根本治療になり得るのか?~脳由来神経栄養因子BDNFという鍵

    【薬剤師が執筆・監修】SSRIやSNRIが飲み始めから2~4週間ほど効果が現れない理由は、BDNFに焦点を当てることで説明することができる…

  9. SSRI・SNRI 似た薬の違い

    『イフェクサー』ってどんな薬?~第4世代SNRIの高い効果と、自殺リスクの議論

    【薬剤師が執筆・監修】抗うつ薬の有効性・忍容性ランキングで高評価を得る『イフェクサー』と、かつて議論を呼んだ自殺リスク上昇に対する解析結果…

  10. 【疾患別の目次】 うつ病

    【目次】うつ病(SSRI、SNRI、NaSSA)に関するQ&A

    うつ病の治療に使うSSRI、SNRI、NaSSAの効果や副作用に関するQ&A…

  11. 似た薬の違い NaSSA

    『リフレックス』ってどんな薬?~NaSSAとSSRI・SNRIの作用機序の違い、眠気や太る副作用

    【薬剤師が執筆・監修】直接「ノルアドレナリン」や「セロトニン」を放出させ、「セロトニン」を正しい受容体へ導く作用がある『リフレックス』~1週目から効果が得られる…

  12. SSRI・SNRI 薬物動態学

    『パキシル』を急に止めると、頭痛や耳鳴りがするのは何故?~非線形薬物は血中濃度変化が大きい

    【薬剤師が執筆・監修】薬の量と血中濃度が比例しない「非線形」の薬物は、予想よりもはるかに大きく血中濃度が変動する…

  13. うつ病の治療 治療方法

    なぜ”うつ病”は、他人に理解されにくいのか~理解を阻む最大の要因

    【薬剤師が執筆・監修】病気としての「うつ」と、気分としての「うつ」~「うつ病」患者が感じる最大の苦痛…

  14. SSRI・SNRI 似た薬の違い

    『ジェイゾロフト』と『サインバルタ』、同じ抗うつ薬の違いは?~SSRIとSNRIの効果と副作用の差

    【薬剤師が執筆・監修】「セロトニン」にだけ作用するSSRI『ジェイゾロフト』、「ノルアドレナリン」にも作用するSNRI『サインバルタ』~うつ病の治療効果に大きな…

  15. SSRI・SNRI 薬の誤解

    『ジェイゾロフト』や『レクサプロ』などのSSRIは、副作用で太る?~体重への影響と因果関係

    【薬剤師が執筆・監修】SSRIを服用中に増加した体重、その原因は薬にあるのか~うつ症状が回復して、よく食べるようになるからという調査報告も…

  16. うつ病の治療 漢方薬

    うつ病に効く漢方薬がある?~補助的な位置づけと、神経症・不眠への適応

    【薬剤師が執筆・監修】漢方薬は、SSRIなどの抗うつ薬(治療の軸)とうまく組み合わせて、副作用の少ない治療を続けられるように…


【主な活動】

★「PharmaTribune」にてコラム「今月、世間を賑わした健康情報」連載中です。
★6月22日のフジテレビ「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せました。
★3月23日発売の「異世界薬局(コミック版)」に薬学監修として携わりました。
★12月28日のYahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」に監修として携わりました。

利益相反(COI)
特定の製薬企業との利害関係、開示すべき利益相反関係にある製薬企業は一切ありません。

■カテゴリ選択・サイト内検索

スポンサードリンク

■ご意見・ご要望・仕事依頼などはこちらへ

■お勧め書籍

recommended

■提携・協力先リンク


オンライン病気事典メドレー

banner2-r

250×63

  1. 活動実績

    【活動実績】コミック版「異世界薬局」に監修として携わりました
  2. 活動実績

    【活動実績】日本薬剤師会による災害支援活動に従事しました
  3. 活動実績

    【活動実績】日経新聞の土曜版「日経プラス1」に取材協力しました
  4. 活動実績

    【活動実績】情報番組「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せまし…
  5. 時事問題

    【活動実績】PharmaTribuneで連載コラムが始まりました
PAGE TOP