スポンサードリンク

知っておくべきこと 副作用

/

「スティーヴンス・ジョンソン症候群」って何?~市販の風邪薬にも潜む危険な副作用

回答:100万人に1~5人と稀だが、市販薬でも起こる副作用

 「スティーヴンス・ジョンソン症候群(Stevens-Johnson Syndrome):SJS」は、眼や皮膚に急激な炎症を起こす症状で、半数以上は薬の副作用によって起こります。

 100万人に1~5人程度と非常に稀な副作用ですが、適切な対処をせずに放置すると重篤な経過になることがあります。早めに気づき、適切な対処をすることが大切です。

 薬を使った直後から、以下のような症状が現れた際には、すぐに病院を受診するようにしてください。

※SJSの初期症状 1)
1. 眼の違和感(眼を開けづらくなった、充血した、まぶたが腫れた)
2. 粘膜の異常(唇のただれ、喉の痛み、排尿時の痛み)
3. 皮膚の異常(広い範囲に、赤い斑点、水疱ができた)
4. 38℃以上の高熱

 通常、薬を服用して2週間以内に発症することが多く、早ければ数時間、遅ければ1ヶ月経過してから発症する例もあります。

 1) 厚生労働省 重篤副作用疾患別対応マニュアル「スティーブンス・ジョンソン症候群」

回答の根拠:市販薬で起こる危険な副作用の代名詞

 この副作用は非常に危険で、発症した場合は原因薬を中止すると共に、原則入院して加療する必要があります。早く気づいて適切な対処ができた場合、非常に効果的な治療をすることが可能です。

 しかし、治療開始までに時間がかかった場合、死亡率が40%にまで高まるともされ2)、診断と治療開始のスピードが極めて重要です。

 2) メルクマニュアル 「スティーブンス-ジョンソン症候群および中毒性表皮壊死剥離症」

 また、この副作用は、市販の総合感冒薬、解熱鎮痛薬でも発症する恐れのあるものです。たかが風邪薬で、と油断せず、薬は常に細心の注意を払って使用しましょう。

 

~注意事項~

◆用法用量はかかりつけの主治医・薬剤師の指示を必ずお守りください。
◆ここに記載されていることは「原則」であり、治療には各々の環境や状況により「例外」が存在します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

■主な活動


★6月22日のフジテレビ「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せました。
★3月23日発売の「異世界薬局(コミック版)」に薬学監修として携わりました。
★12月28日のYahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」に監修として携わりました。

★PharmaTribuneにて連載中

利益相反(COI)
特定の製薬企業との利害関係、開示すべき利益相反関係にある製薬企業は一切ありません。

■カテゴリ選択・サイト内検索

スポンサードリンク

■ご意見・ご要望・仕事依頼などはこちらへ

■お勧め書籍

recommended

■提携・協力先リンク


オンライン病気事典メドレー

banner2-r

250×63

  1. 活動実績

    【活動実績】情報番組「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せまし…
  2. 活動実績

    【活動実績】日経新聞の土曜版「日経プラスワン」に取材協力しました
  3. 活動実績

    【活動実績】日経トレンディ3月号の「花粉症対策記事」に情報提供しました
  4. 時事問題

    【活動実績】PharmaTribuneでコラム「世間を賑わした健康情報」連載中で…
  5. 活動実績

    【活動実績】コミック版「異世界薬局」に監修として携わりました
PAGE TOP