スポンサードリンク

知っておくべきこと 【疾患別の目次】

/

【目次】薬や医療について、知っておくべきこと

index-know

ネット上の薬の情報について

 最近、薬や医療について情報をまとめたサイトが増えていますが、無責任なサイトも非常に多いのが現状です。きちんと専門的な知識を持っている人が発信している情報なのか(発信源)、正しい情報源に基づいて書かれているのか(情報源)、必ず確認して利用するようにしてください。


薬局について

 薬局を上手に利用するために、知っておいて欲しいことです。

4月から、お薬手帳を持って行った方が安くなる?~平成28年度改訂のポイント
薬局の問診票は何のためにあるの?~質問の意図と、答えることによって得られる指導の例
薬局で薬剤師は何故、「今日はどうされましたか?」と聞くのか

 処方箋の取り扱いについて、知っておいて欲しいことです。

処方箋はいつまで有効?~期限切れと保険適用、後日取りに行く際の注意点
処方箋はスマホから予約できる?~二次感染予防の観点からの推奨
年末年始をはさむ時は、いつもより多めに薬をもらうことができる?~お盆休みやシルバーウィークの扱い、30日制限の向精神薬の扱い
処方箋医薬品を、薬局で直接買うことはできる?~正当な理由の例と、零売の是非

医薬品副作用被害救済制度

 薬を正しく使っていたにも関わらず、副作用によって健康被害が生じた場合、補償を受けることができます。ただし、他人の薬を使った場合や、用法・用量を守らず使用した場合には受給できません。

「医薬品副作用被害救済制度」とは
何故、他人の薬を使ったらダメなの?
家に残っている薬(残薬)、もらった時と同じ症状だったら飲んでも良い?
半分に割れば、同じ症状の子どもに飲ませて大丈夫?
安易に個人輸入で薬を買わない方が良い理由

薬の捨て方

 薬は、悪用や誤飲を絶対に起こさない方法で、かつ、環境汚染につながらないような方法で廃棄する必要があります。

薬を廃棄するときは、どうやって捨てれば良い?~大掃除で出てきた古い薬の正しい処理方法

薬の誤飲

 薬の誤飲は、生命に関わる事態になる恐れがあります。どういった対応が正しいのか、予め知っておくことをお勧めします。

子どもが家族の薬を誤飲してしまったとき、医師・薬剤師に伝えるべき3つのこと
薬品や異物を誤飲した時は、吐かせるべき?

海外渡航

 日本で認可されている薬でも、海外では違法薬物になることがあります。海外渡航する際は、余計なトラブルを防ぐため、事前にしっかりと調査・準備が必要です。

海外旅行や出張のとき、薬はどうすれば良い?~諸外国への医薬品持ち込みの注意点
長期の海外旅行の際は、14日制限の薬であっても最大30日分まで処方してもらえる

薬物乱用防止

 危険ドラッグなど、薬物乱用は大きな社会問題となっています。興味本位で一度でも手を出すと、抜け出せなくなります。

覚せい剤を使うとどうなるのか、なぜ1回だけで済まないのか、なぜ止められないのか~脳の「ドパミン」の動態と依存性

ドーピング

 最近はオリンピックだけでなく、インターハイ等でもドーピングに対する規制は厳しくなっています。意図せぬドーピングにならないよう、使う薬には細心の注意を払う必要があります。

風邪薬や漢方薬でドーピングになるのは何故?~「エフェドリン」の動態、用法・用量を守ってもダメな理由
β2刺激薬は、なぜドーピングの禁止薬物に選ばれているの?~喘息治療はドーピングになるのか

妊娠・授乳

 妊娠中、授乳中の薬は、必ず医師・薬剤師と相談して使用してください。また、絶対に自己判断で薬を中止することもしないでください。母体の健康に影響が出ることで、胎児・乳児にも影響する恐れがあります。

妊娠中や授乳中は、薬を飲まない方が良い?~FDAとオーストラリア基準
FDA基準によるカテゴリ分類が廃止されたのは何故?~妊婦に対する薬の安全性評価の変容
授乳と服薬を両立させる方法~乳児が摂取する薬の量(RID)を概算する
情報は、読み手の都合の良いように解釈される~「事実」と「意見」を区別する大切さ

 妊娠中でも飲んでも良い薬、妊娠中は飲んではいけない薬があります。妊娠に気付かずに飲んでいた場合、すぐに主治医と相談するようにしてください。気付いた時点で薬を変えるだけで良い場合がほとんどです。
 
妊娠に気付かず薬を飲んでいた時は、どうすれば良い?~薬のリスク評価基準と、妊娠の4つの時期

吐き気に『ナウゼリン』を処方してもらっていたが、”つわり”だった。胎児への影響は?
アレルギーの薬、妊娠中でも飲んで大丈夫?~「抗ヒスタミン薬」の安全性評価

医療制度

 日本の医療は、「必要かつ適切な医療は、基本的に保険診療により確保する」という理念の国民皆保険制度に基づいて行われています。

10万円を超えなくても、医療費控除は受けられる?

薬事法の名前が変わった?~医薬品医療機器等法、改正の3つのポイント
「保険適用外」の薬の使い方は、ダメなことか?
混合診療~日本で禁止されている3つの理由
患者申出療養~「混合診療」や「選択療養」との違い

予防接種

 予防接種について、ネット上では不確かな情報やデマが蔓延し、不必要な不安を煽るものがたくさん存在しています。
 疑問や不安は必ず医師・薬剤師に相談し、ネット上の偏った情報を鵜呑みにしないようにしてください。

インフルエンザの予防接種が値上がりした理由~今シーズン(2015-2016)から「インフルエンザワクチン」が4価に
「インフルエンザワクチンは打たないで」というデマのまとめについて
インフルエンザの予防注射をすると、医療機関は儲かる?
インフルエンザの予防接種を受けなくても感染・発症しないから、「予防注射は要らない」と言っている方へ


子宮頸がん(HPV)ワクチンは受けるべきか~世界保健機関(WHO)や日本産婦人科学会の見解

古くなって使われなくなる薬

 古い薬も、最新の医学・薬学で再評価する制度があります。その際、他にもっと安全で効果の高い薬があれば、使われなくなることがあります。
 「効かない薬を今まで使っていた」と騒ぐ人が居ますが、「今はもっと良い薬があるから使われなくなる」という意味です。

『アクディーム』・『ノイチーム』・『レフトーゼ』のリゾチーム製剤が、慢性副鼻腔炎に使えなくなる?~医薬品の再評価とは

天然のものは安全か?

 天然であることと、安全であることは、完全に別の問題で、何の関係もありません。

天然由来成分だから安全・安心、これって本当?~天然であることと、安全であることは、全くの無関係

ペットと薬

 人間と他の動物とでは、何が薬で何が毒になるのか、全く異なります。ペットに人間用のお菓子や健康食品、薬などを使わないようにしてください。

「キシリトール」が犬にとって毒なのは何故?~低血糖を起こすメカニズム
犬や猫の”目ヤニ”が酷い。人間用の目薬を使っても良い?

ノーベル医学・生理学賞

 ノーベル賞を受賞する基礎研究は、ぱっと聞いても何の役に立つのかわからないことが多々あります。具体的に、我々の生活にどのような変化をもたらすのかを解説します。

「オートファジー」~認知症やパーキンソン病、がんの治療抵抗性に関わる細胞内リサイクル機構

目次へ戻る

~注意事項~

◆用法用量はかかりつけの主治医・薬剤師の指示を必ずお守りください。
◆ここに記載されていることは「原則」であり、治療には各々の環境や状況により「例外」が存在します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


【主な活動】

★「PharmaTribune」にてコラム「今月、世間を賑わした健康情報」連載中です。
★6月22日のフジテレビ「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せました。
★3月23日発売の「異世界薬局(コミック版)」に薬学監修として携わりました。
★12月28日のYahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」に監修として携わりました。

利益相反(COI)
特定の製薬企業との利害関係、開示すべき利益相反関係にある製薬企業は一切ありません。

■カテゴリ選択・サイト内検索

スポンサードリンク

■ご意見・ご要望・仕事依頼などはこちらへ

■お勧め書籍

recommended

■提携・協力先リンク


オンライン病気事典メドレー

banner2-r

250×63

  1. 活動実績

    【活動実績】日本薬剤師会による災害支援活動に従事しました
  2. 活動実績

    【活動実績】日経新聞の土曜版「日経プラス1」に取材協力しました
  3. 活動実績

    【活動実績】日経トレンディ3月号の「花粉症対策記事」に情報提供しました
  4. 活動実績

    【活動実績】Yahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」の監修に携わりま…
  5. 活動実績

    【活動実績】コミック版「異世界薬局」に監修として携わりました
PAGE TOP