スポンサードリンク

消化性潰瘍治療薬 薬の特別な使い方

/

PPIとH2ブロッカーの併用は可能?~原則と応用、保険適用の問題

回答:原則、できない

 胃酸分泌抑制薬の「プロトンポンプ阻害薬(PPI)」と「H2ブロッカー」は、通常どちらかを選択するものであって、併用する薬ではありません。

 そのため、効き目が不十分な場合は薬の増量・変更、ピロリ除菌など別の解決方法を探る必要があります。

 ただし、夜間に胃酸過多になる難治性の逆流性食道炎(Nocturnal Gastric Acid Breakthrough:NAB)に対して、例外的に併用されることがあります。その場合は、明確な注記がなければ査定の対象になる恐れがあるため注意が必要です。

回答の根拠:NABに対する例外的な併用

 「PPI」を服用中にも関わらず、夜間に胃酸の過分泌のおこる難治性の逆流性食道炎(NAB)という病態があります。
 このNABに対して、「H2ブロッカー」を夜に1回追加投与することの有効性が報告されています1)。
NABに対するPPIとH2ブロッカーの併用
 この使い方は、例外的に保険適用も認められていますが、処方箋にも特記が必要です2)。

 1) J Gastroenterol.38(9):830-5,(2003) PMID:14564627
 2) 山口県医師会報 第1684号,(2003)

 ただし、「H2ブロッカー」を続けて使っていると効果が弱まってくることも報告されているため3)、先にPPIの増量や個人差の少ないPPIへの変更1日2回投与を考慮する必要があります4)。

 3) J Gastroenterol Hepatol.18(6):678-82,(2003) PMID:12753150
 4) 日本消化器病学会 「胃食道逆流症診療ガイドライン (2015)」

薬剤師としてのアドバイス:繰り返す症状は、一度ピロリ菌の検査を

 PPIやH2ブロッカーによる治療を行っていても、何度も食道炎や胃炎を繰り返すような場合、「ピロリ菌」に感染している可能性もあります。「ピロリ菌」に感染していると、いくら胃酸を抑えても症状が繰り返してしまいます。

 「ピロリ菌」が原因の場合、一度除菌してしまえば薬を飲まなくても症状を繰り返さなくなります

 何度もPPIやH2ブロッカーによる治療を繰り返している場合には、一度「ピロリ菌」の検査を受けることをお勧めします。

~注意事項~

◆用法用量はかかりつけの主治医・薬剤師の指示を必ずお守りください。
◆ここに記載されていることは「原則」であり、治療には各々の環境や状況により「例外」が存在します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

■主な活動


★6月22日のフジテレビ「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せました。
★3月23日発売の「異世界薬局(コミック版)」に薬学監修として携わりました。
★12月28日のYahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」に監修として携わりました。

★PharmaTribuneにて連載中

利益相反(COI)
特定の製薬企業との利害関係、開示すべき利益相反関係にある製薬企業は一切ありません。

■カテゴリ選択・サイト内検索

スポンサードリンク

■ご意見・ご要望・仕事依頼などはこちらへ

■お勧め書籍

recommended

■提携・協力先リンク


オンライン病気事典メドレー

banner2-r

250×63

  1. 活動実績

    【活動実績】情報番組「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せまし…
  2. 活動実績

    【活動実績】コミック版「異世界薬局」に監修として携わりました
  3. 活動実績

    【活動実績】Yahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」の監修に携わりま…
  4. 時事問題

    【活動実績】PharmaTribuneでコラム「世間を賑わした健康情報」連載中で…
  5. 活動実績

    【活動実績】日本薬剤師会による災害支援活動に従事しました
PAGE TOP