スポンサードリンク

似た薬の違い 殺菌・消毒薬

/

『ウエルセプト』と『ウエルパス』、同じ消毒薬の違いは?~「ノロウイルス」への効果とエタノール濃度

回答:『ウエルセプト』は、「ノロウイルス」にもある程度の効果がある

 『ウエルセプト(一般名:エタノール)』と『ウエルパス(一般名:ベンザルコニウム)』は、どちらも手指に使う消毒薬です。

 『ウエルセプト』は、普通の「エタノール」消毒では効かない「ノロウイルス」にも、ある程度の効果が得られるよう改良された消毒薬です。
 『ウエルパス』には、添加物として消毒用と同じ濃度で「エタノール」が使われています。そのため、実質は「エタノール」の消毒薬です。
ウエルセプトとウエルパス3
 「ノロウイルス」の汚染源を確実に消毒するためには「次亜塩素酸」が必要です。
 しかし、「次亜塩素酸」は手荒れや塩素の匂いの原因になります。こうした問題が少ない『ウエルセプト』は、日常的な消毒薬として非常に使いやすい薬と言えます。

回答の根拠①:『ウエルセプト』の「ノロウイルス」への効果

 「エタノール」は、ウイルスの「エンベロープ」を破壊することで効果を発揮します。そのため、元からエンベロープを持たないタイプの「ノロウイルス」などには、効果が得られません。
 しかし、「エタノール」に「クエン酸」と「亜鉛化合物」を添加することによって、こうしたノンエンベロープ・ウイルスに対しても消毒効果を発揮するようになります1)。
エタノールとエンベロープ2
 1) 丸石製薬 「ウエルセプト」製品情報

 これらを配合した『ウエルセプト』は、「エタノール」の消毒薬でありながら「ノロウイルス」にも効果のある特殊なものと言えます。

汚染源の確実な消毒と、日常的な手指の消毒の使い分け

 「ノロウイルス」を確実に消毒するためには、直接の感染源(吐しゃ物)などには2%(20,000ppm)、廃棄物や環境消毒には0.1%(1,000ppm)の「次亜塩素酸」が必要です2)。

 2) 厚生労働省 「ノロウイルスに関するQ&A」

 一方、手指の消毒に「次亜塩素酸」を頻繁に使っていると、手荒れの大きな原因になります。また、0.1%であっても塩素には強い刺激臭があるため、悪臭の原因にもなります。
 このことから、「次亜塩素酸」を日常的な消毒薬として使うのは現実的ではありません。

 その点、手荒れや刺激臭の問題が少ない『ウエルセプト』は、日常的な手指の消毒として非常に使いやすい消毒薬と言えます。
ウエルセプトと次亜塩素酸~使い分け

回答の根拠②:『ウエルパス』の扱いと「エタノール」の量

 『ウエルパス』は、「ベンザルコニウム」の消毒薬です。「ベンザルコニウム」自体は、「エタノール」よりも消毒効果が低い「低水準」に分類される消毒薬です3)。

 3) 南江堂 「今日の治療薬 (2017)」

 しかし『ウエルパス』には添加物として、『ウエルセプト』と同じ消毒用の濃度で「エタノール」が含まれています。
ウエルパス~エタノール濃度
※エタノールの含有量 4,5)
ウエルセプト・・・100mL中に83mL (有効成分として)
ウエルパス・・・・100mL中に83mL (添加物として)

 4) ウエルパス手指消毒用 インタビューフォーム
 5) ウエルセプト 添付文書

 そのため、「ベンザルコニウム」では効かない「結核菌」などにも『ウエルパス』は効果が得られることがわかっています4)。
 このことから、『ウエルパス』も実質は「エタノール」の消毒液として扱っても差し支えありません。

薬剤師としてのアドバイス:手に石鹸が残っているとトラブルの元

 手洗いによる手荒れの多くは、石鹸などの洗浄剤を十分に洗い落とさなかったことが原因とされています。また、石鹸などが残った状態で消毒薬を使うと、消毒効果が弱まってしまうことになります。

 手洗いをする際には、流水で石鹸はしっかりと洗い落とし、その上で消毒薬を使うようにしてください。このとき、肌に刺激を感じる場合には、消毒後にハンドクリーム等で適宜スキンケアを行うことをお勧めします。

ポイントのまとめ

1. 『ウエルセプト』は、「ノロウイルス」にもある程度の効果が期待でき、日常的な消毒に便利
2. 『ウエルパス』は、添加物として入っている「エタノール」の濃度が、消毒用エタノールと同じ
3. 石鹸は綺麗に洗い流さないと、手荒れや消毒効果が弱まる原因になる

添付文書、インタビューフォーム記載内容の比較

◆効能・効果
ウエルセプト:手指・皮膚の殺菌・消毒
ウエルパス:手指の消毒

◆有効成分
ウエルセプト:エタノール
ウエルパス:ベンザルコニウム

◆添加物
ウエルセプト:乳酸、クエン酸水和物硫酸亜鉛水和物、グリセリン、ミリスチン酸イソプロピル、トコフェロール酢酸エステル、八アセチル化しょ糖
ウエルパス:プロピレングリコール、ミリスチン酸イソプロピル、エタノール

◆「エタノール」の含有量
ウエルセプト:100mL中に83mL
ウエルパス:100mL中に83mL

◆同じブランド名の別商品
ウエルセプト:なし
ウエルパス:『ホーム・ウエルパス』、『ウエルパスマイルド』

◆製造販売元
ウエルセプト:丸石製薬
ウエルパス:丸石製薬

+αの情報①:「ノロウイルス」の培養技術は、まだ無い

 「ノロウイルス」は、培養する技術が確立されていません。そのため、直接「ノロウイルス」に対する消毒効果を実証することは、現代の科学技術ではできません。
 そのため、『ウエルセプト』は「ノロウイルス」と遺伝的に近しい代替ウイルスを使って消毒効果を検証しています。

※ノロウイルスの代替ウイルス
ネコカリシウイルス:米国環境保護局(EPA)が、代替ウイルスとして指定しているもの
マウスノロウイルス:ヒトの「ノロウイルス」と遺伝的に近しいもの

 消毒液がこの2種のウイルスの両方に効果を発揮すれば、ヒトの「ノロウイルス」にも消毒効果があると考えられています6)。

 6) MMWR Recomm Rep.60(RR-3):1-18,(2011) PMID:21368741

+αの情報②:アルコール消毒液と税金

 通常、「エタノール」には酒税がかかります。そのため、消毒用の「エタノール」であっても、飲用できる状態のものであれば課税され、商品価格が高くなる傾向があります。
 そこで多くの消毒用「エタノール」は、別の消毒薬を混ぜることで飲用不可の状態とし、免税を受けることで商品価格を抑えるように工夫されています。

 「エタノール」に「ベンザルコニウム」や「グルコン酸クロルヘキシジン」などがよく配合されているのには、こういった税金面の事情も関係しています。

~注意事項~

◆用法用量はかかりつけの主治医・薬剤師の指示を必ずお守りください。
◆ここに記載されていることは「原則」であり、治療には各々の環境や状況により「例外」が存在します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

■主な活動


★6月22日のフジテレビ「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せました。
★3月23日発売の「異世界薬局(コミック版)」に薬学監修として携わりました。
★12月28日のYahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」に監修として携わりました。

★PharmaTribuneにて連載中

利益相反(COI)
特定の製薬企業との利害関係、開示すべき利益相反関係にある製薬企業は一切ありません。

■カテゴリ選択・サイト内検索

スポンサードリンク

■ご意見・ご要望・仕事依頼などはこちらへ

■お勧め書籍

recommended

■提携・協力先リンク


オンライン病気事典メドレー

banner2-r

250×63

  1. 活動実績

    【活動実績】日経新聞の土曜版「日経プラスワン」に取材協力しました
  2. 活動実績

    【活動実績】Yahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」の監修に携わりま…
  3. 活動実績

    【活動実績】日経トレンディ3月号の「花粉症対策記事」に情報提供しました
  4. 活動実績

    【活動実績】情報番組「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せまし…
  5. 時事問題

    【活動実績】PharmaTribuneでコラム「世間を賑わした健康情報」連載中で…
PAGE TOP