■サイト内検索


スポンサードリンク

【疾患別の目次】 片頭痛

/

【目次】片頭痛に関するQ&A

「片頭痛」の見分け方

 一般的な鎮痛薬では、「片頭痛」の痛みを抑えることはできません。薬が効かない場合は、薬の量を増やす前に「片頭痛」の可能性も考える必要があります。

頭痛の見分け方~『ロキソニン』が効かない片頭痛

トリプタン製剤~片頭痛専用の痛み止め

 「片頭痛」専用の鎮痛薬「トリプタン製剤」は、高価ですがよく効きます。しかし、頭痛が起きてから使うべき薬であり、片頭痛を予防する効果はありません。

薬物乱用性頭痛~痛み止めの使い過ぎ
『アマージ』、『イミグラン』、『マクサルト』~即効性と持続性の差による「」トリプタン製剤」の使い分け
片頭痛の「トリプタン製剤」は、市販薬で売っている?
「トリプタン製剤」は片頭痛を予防できる?

片頭痛の予防

 痛み止めを頻繁に使うようであれば、「予防薬」を使うことも選択肢です。予防薬を使えば、そもそも頭痛を起こらなくし、経済的な負担も減らすことができます。


『トリプタノール』で片頭痛の予防ができるのは何故?
片頭痛の予防薬にはどんなものがある?~頭痛を防ぎ、経済的負担も軽減する予防薬のメリット

目次へ戻る

~注意事項~

◆用法用量はかかりつけの主治医・薬剤師の指示を必ずお守りください。
◆ここに記載されていることは「原則」であり、治療には各々の環境や状況により「例外」が存在します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

■主な活動

【書籍】(羊土社)
薬局ですぐに役立つ 薬の比較と使い分け100

【薬学監修】
異世界薬局
m3.com 薬剤クイズ
Yahoo!ニュース動画
フジテレビ「直撃LIVE グッディ!」
日経新聞土曜版/日経トレンディ/大元気/女子SPA!ほか

【連載】
PharmaTribune「世間を賑わした健康情報」

利益相反(COI)
特定の製薬企業との利害関係、開示すべき利益相反関係にある製薬企業は一切ありません。

■カテゴリ選択・サイト内検索

■ご意見・ご要望・仕事依頼などはこちらへ

■お勧め書籍・ブログ

recommended
recommended

  1. 薬剤師のありかた

    忙しい人にお勧めの「勉強・情報収集用ブログ」の紹介
  2. 時事問題

    【活動実績】PharmaTribuneでコラム「世間を賑わした健康情報」連載中で…
  3. 告知情報

    【書籍化のお知らせ】「薬局ですぐに役立つ 薬の比較と使い分け100」
  4. 活動実績

    【活動実績】日経トレンディ3月号の「花粉症対策記事」に情報提供しました
  5. 薬剤師のありかた

    新卒・若手薬剤師にお勧めの「勉強用書籍」の紹介
PAGE TOP