『ランサップ』と『ランピオン』、同じピロリ除菌の薬の違いは?~二次除菌まで用意されている理由


回答:1次除菌用の『ランサップ』、2次除菌用の『ランピオン』

 『ランサップ』と『ランピオン』は、どちらもピロリ除菌の薬です。

 『ランサップ』には、1次除菌のための「アモキシシリン + クラリスロマイシン + ランソプラゾール」の3種の薬が入っています。
 『ランピオン』には、2次除菌のための「アモキシシリン + メトロニダゾール + ランソプラゾール」の3種の薬が入っています。
ランサップとランピオン~一次除菌と二次除菌
 ピロリ除菌をする際は、これら3種の薬を使う「三剤併用療法」が基本です。

 一次除菌では、きちんと薬を飲んでいても、ピロリ菌のクラリスロマイシンに対する耐性や、胃酸を抑える薬の効果の個人差など、仕方のない理由で失敗することがあります。
 そういった人をフォローするため、二次除菌の方法も確立されています。

 それぞれの薬を個別に処方される場合もありますが、『ランサップ』や『ランピオン』であれば用法や服用個数がわかりやすいようにパッケージされているため、飲み間違いや飲み忘れも減らすことができます。



回答の根拠①:ピロリ除菌~三剤併用療法の意味

 ピロリ菌を退治する「三剤併用療法」では、使う薬・薬の飲み方・薬を飲む期間がそれぞれ厳密に決められています。

※三剤併用療法 1)
以下3種の薬を1日2回、7日間服用する
一次除菌:アモキシシリン750mg + クラリスロマイシン200または400mg + 胃酸分泌抑制薬(PPI / P-CAB)
二次除菌:アモキシシリン750mg + メトロニダゾール250mg + 胃酸分泌抑制薬(PPI / P-CAB)

 1) 南江堂 「今日の治療薬2016」

 もちろん、それぞれ個別の薬として処方することもできますが、その場合、薬の飲み方が複雑になります。

例:一次除菌の場合
1回の服用量・・・サワシリン錠250mgを3錠、クラリス錠200mgを2錠、タケプロン錠30mgを1錠
 

 除菌の薬は、飲み方を間違ったり、途中で薬を止めてしまったりすると除菌が完了せず、ピロリ菌が耐性を持ってしまうなど、治療が余計に難しくなってしまいます。

 そのため、『ランサップ』や『ランピオン』のように1日量が1シートに区切られ、用法や服用個数をわかりやすくパッケージした薬は、こうした間違いを減らすために有効な薬と言えます。

※1シート(1日量)の内容 2,3)
ランサップ400:アモリンカプセル250mg×6Cap、クラリス錠200mg×2錠、タケプロンカプセル30mg×2Cap
ランサップ800:アモリンカプセル250mg×6Cap、クラリス錠200mg×4錠、タケプロンカプセル30mg×2Cap
ランピオン:アモリンカプセル250mg×6Cap、フラジール内服錠250mg×2錠、タケプロンカプセル30mg×2Cap

 2) ランサップ 添付文書
 3) ランピオン 添付文書


注)『アモリン(一般名:アモキシシリン)』、『クラリス(一般名:クラリスロマイシン)』、『フラジール(一般名:メトロニダゾール)』、『タケプロン(一般名:ランソプラゾール)』



回答の根拠②:なぜ二次除菌まであるのか

 一次除菌で使われる「クラリスロマイシン」は、小児科や耳鼻科などでも広く使われる抗生物質です。そのため、幼少期から「クラリスロマイシン」を頻繁に使っていた人などでは、既にピロリ菌が「クラリスロマイシン」に耐性を持っている場合があります。

 こうしたクラリスロマイシン耐性のピロリ菌が増えたことにより、一次除菌の成功率はおよそ75~85%程度です1,4)。そのため、きちんと薬を飲んだとしても15~25%の人は一次除菌で失敗してしまうことになります。

 4) 日本消化器病学会 「消化性潰瘍治療ガイドライン2009」

 また、ピロリ除菌の際には、胃酸分泌抑制薬によって胃のpHを大きくし、抗生物質の抗菌活性を高める必要があります。そのため、体質的に胃酸分泌抑制薬が効きにくい人では、除菌の成功率が悪くなってしまうことがわかっています5)。

 5) Clin Pharmacol Ther.81(4):521-8,(2007) PMID:17215846
ピロリ一次除菌の失敗理由
 そういった人もフォローし、確実に除菌を行うため、日本では二次除菌まで保険適用で行うことができます。

 また、保険は効きませんが二次除菌でも失敗した場合、自由診療で三次除菌や四次除菌を行っている病院もあります



薬剤師としてのアドバイス:少しの副作用なら我慢、危険な副作用ならすぐ医師に相談

 ピロリ除菌では、通常よりも多めの抗生物質を使います。そのため、多くの人でお腹が緩くなったり、口内炎ができたりといった副作用が出てしまいます。

 しかし、薬を途中で止めると除菌が完了せず、失敗に終わってしまいます。その際、薬を中途半端に使ったがためにピロリ菌が耐性を持ってしまうことがあります。
 また、保険を使って除菌できるもの全部で2回までです。少しの副作用で中断してしまうと、保険を使って除菌できるチャンスが減ってしまいます。

 こうした点から、ピロリ除菌の際は、多少の副作用であれば我慢し、薬を最後まで飲み切ってしまうことをお勧めします。
 ただし、中には我慢していてはいけない危険な副作用もあります。どういった副作用であれば我慢すべきか、どういった副作用であればすぐに医師に相談しなければいけないのか、予め説明を受けておくことをお勧めします。

※服用を一旦中断し、医師に相談すべき副作用の例
①発熱
②腹痛を伴う下痢
③下痢に粘液や血液が混じっている




 ~注意事項~
◆用法用量はかかりつけの主治医・薬剤師の指示を必ずお守りください。
◆ここに記載されていることは「原則」であり、治療には各々の環境や状況により「例外」が存在します。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

カスタム検索


コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック

トラックバックURL