知っておくべきこと

  1. 知っておくべきこと 薬学コラム

    ただの水を「毒」と思わせる技法~簡単に騙されないために

    【薬剤師が執筆・監修】水の入っていない商品を買わせる方法~作為的に危険そうに聞こえる事柄だけを強調する…

  2. 知っておくべきこと 副作用

    薬を飲んだら出始めた不調、これって副作用?~副作用だ!と思うその前に

    【薬剤師が執筆・監修】副作用かどうかの判断~Naranjo有害事象因果関係判定スケール…

  3. 知っておくべきこと 片頭痛

    危ない頭痛の見分け方は?~色々な頭痛をトリアージする

    【薬剤師が執筆・監修】ひとことに”頭痛”と言っても、色々あります…

  4. 知っておくべきこと 薬学コラム

    赤十字マークを薬局のポスターに使ったらダメ?~あまり知られていないジュネーブ条約の制限

    【薬剤師が執筆・監修】ジュネーブ条約で厳格に定められた使用制限、違反すると日本では懲役・罰金刑も~赤十字は医療全体を象徴するマークではないことに注意…

  5. 知っておくべきこと 専門用語解説

    「混合診療」って何?~日本で禁止されている3つの理由

    【薬剤師が執筆・監修】医療の平等性崩壊、国民負担の増大、危険な診療の横行という3点のリスクから混合診療は認められていない…

  6. 知っておくべきこと 薬学コラム

    「患者には出すけど、医師が飲まないクスリ」というコラムが拡散されていることについて

    【薬剤師が執筆・監修】コラムに対する7つの視点からの反論と、全面否定できない医師・病院の事情1つ…

  7. 知っておくべきこと 副作用

    「医薬品副作用被害救済制度」って何?

    【薬剤師が執筆・監修】誰にでも起こる可能性がある「副作用」のこと、もっと知ってほしい「救済制度」のこと~薬は正しく使っていれば、万が一のときも補償が受けられる…

  8. 知っておくべきこと 薬物動態学

    薬の用法・用量はどうやって決まるの?~薬の血中濃度と、無効域・有効域・中毒域

    【薬剤師が執筆・監修】薬の血中濃度は、低過ぎても高過ぎてもダメ~無効域、有効域、中毒域の3つの濃度領域で考える、適切な薬の量と補給回数…

  9. 知っておくべきこと 薬の飲み方

    家に残っている薬(残薬)、もらった時と同じ症状だったら飲んでも良い?

    【薬剤師が執筆・監修】「残薬」の正しい扱い方~自己判断で残薬を使用しない方が良い5つの理由(副作用が起きたときの補償、同じ症状という安易な判断、時間経過による状…

  10. 知っておくべきこと 告知情報

    【はじめに】薬や病気に対する「誤解」や「偏見」から生まれる悲劇を、正しい情報提供と教育によって防ぎた…

    Fizz-DIの理念と、大切にしているもの~他の医療情報サイトと異なる3つの点、「事実」と「意見」を明確に区別する、科学的根拠を明記する、潜在的な「困った」を解…

  11. 知っておくべきこと ベンゾジアゼピン系睡眠薬

    「眠れない」から飲む睡眠薬、本当に症状に合っている?~作用時間と、寝つき・中途覚醒への効果

    【薬剤師が執筆・監修】寝付きが悪い?途中で目が覚める?・・・症状によって変わる睡眠薬の選択~医師には症状を具体的に伝える…

  12. 知っておくべきこと 統計学

    統計学から見る、ジェネリック医薬品の落とし穴~「効果は同じ」の意味

    【薬剤師が執筆・監修】統計学的に「効果は同じ」であっても、それは自分にとって完全に同じ効果が得られることを保証するものではない…

  13. 抗生物質 知っておくべきこと

    「耐性菌」には、どうして抗生物質が効かないの?~耐性の3つのメカニズム

    【薬剤師が執筆・監修】細菌が得る”耐性”の3つのメカニズム~抗生物質の無効化、抗生物質のポンプ排出、抗生物質の作用点の変異…

  14. 知っておくべきこと 副作用

    薬の副作用って、我慢していても良い?~副作用の分類

    【薬剤師が執筆・監修】我慢していても良い副作用と、我慢している場合ではない副作用…

  15. 知っておくべきこと 片頭痛

    痛み止めを使い過ぎると頭痛になる?~薬物乱用頭痛の定義

    【薬剤師が執筆・監修】月に10回以上、頓服薬を使うような場合は「予防薬」を使おう…

  16. 知っておくべきこと 薬学コラム

    結局、「ジェネリック」ってオススメなの?

    【薬剤師が執筆・監修】ジェネリック医薬品に対する薬局薬剤師の本音~勧めたい理由と、勧めたくない理由…

  17. 知っておくべきこと 点眼薬

    コンタクトレンズをつけたまま目薬をさしても良い?

    【薬剤師が執筆・監修】塩化ベンザルコニウムとソフトコンタクトレンズの関係~ワンデーのコンタクトレンズでも気にするべきか…

  18. 知っておくべきこと 認知症

    「レビー小体型認知症」は、「アルツハイマー型認知症」と何が違うの?~見分ける3つのポイント

    【薬剤師が執筆・監修】初期症状、睡眠障害、身体的障害の3つから見る違い~「レビー小体型認知症」を別の精神疾患と間違ってしまうことで、不必要な薬を使い、認知症の治…

  19. 知っておくべきこと 専門用語解説

    日焼け止めの「PA+」や「SPF」って何?~紫外線のUV-AとUV-Bの違い

    【薬剤師が執筆・監修】肌の老化の原因「UV-A」は「PA」、日焼けの原因「UV-B」は「SPF」と、それぞれ別の指標で防御能力が評価~日常生活やレジャー時の目安…

  20. 知っておくべきこと 似た薬の違い

    ガスターD錠の『D』って何?~D錠・OD錠・RM錠といった口腔内崩壊錠

    【薬剤師が執筆・監修】Disintegrant(崩壊)は、唾液でさっと溶けて飲みやすい剤型の工夫~薬の効果は変わらない…

  21. 知っておくべきこと 子どもの薬

    子どもが家族の薬を誤飲してしまったとき、医師・薬剤師に伝えるべき3つのこと

    【薬剤師が執筆・監修】何を飲み込んだのか、いつ飲み込んだのか、今の体調や様子は・・・誤飲した薬や状況によって、緊急性や対応も大きく変わる…

■主な活動

【書籍】(羊土社)
薬局ですぐに役立つ 薬の比較と使い分け100

 

【薬学監修】
異世界薬局
m3.com 薬剤クイズ
Yahoo!ニュース動画
フジテレビ「直撃LIVE グッディ!」
yomiDr./日経新聞土曜版/日経トレンディ/大元気/女子SPA!ほか

 

 

【連載】
PharmaTribune「世間を賑わした健康情報」

 

利益相反(COI)
特定の製薬企業との利害関係、開示すべき利益相反関係にある製薬企業は一切ありません。

■カテゴリ選択・サイト内検索

スポンサードリンク

■ご意見・ご要望・仕事依頼などはこちらへ

■お勧め書籍・ブログ

recommended
recommended

  1. 時事問題

    【活動実績】PharmaTribuneでコラム「世間を賑わした健康情報」連載中で…
  2. 活動実績

    【活動実績】日経新聞の土曜版「日経プラスワン」に取材協力しました
  3. 活動実績

    【活動実績】Yahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」の監修に携わりま…
  4. 活動実績

    【活動実績】情報番組「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せまし…
  5. 活動実績

    【活動実績】日経トレンディ3月号の「花粉症対策記事」に情報提供しました
PAGE TOP