皮膚科・外用剤

  1. ステロイド(外用) 薬の塗り方

    手荒れに「ステロイド」を塗っても、家事ですぐとれてしまう。塗り直ししても良い?

    【薬剤師が執筆・監修】「ステロイド外用剤」は、塗り直す必要があるのか~塗布回数と治療効果、リスク…

  2. ステロイド(外用) 薬の塗り方

    『ヒルドイド』と「ステロイド」の塗り薬、どちらを先に塗れば良い?~塗布順序と効果の差

    【薬剤師が執筆・監修】『ヒルドイド』と「ステロイド」はどちらを先に使っても、効果に影響するほど吸収に差は出ず、副作用のリスクも変わらない~特に指示がなければ「①…

  3. ステロイド(外用) 外用剤

    『エキザルベ』は何回塗っても大丈夫?

    【薬剤師が執筆・監修】塗布回数に制限のない塗り薬でも、ステロイドが含まれているものは用心するに越したことはない…

  4. 似た薬の違い 外用剤

    湿布の「冷感」と「温感」はどう使い分けるの?

    【薬剤師が執筆・監修】サリチル酸メチルによる鎮痛・消炎効果を高める、「冷感」と「温感」の正体…

  5. 抗生物質 外用剤

    『ベピオ』ってどんな薬?~耐性菌の心配がないニキビ薬、髪や服の脱色に注意

    【薬剤師が執筆・監修】『ベピオ』はフリーラジカルを発生させ、細菌構造や遺伝子情報などあちこちを破壊する~細菌が一部分だけを変化させても「耐性」にはならない…

  6. 抗真菌薬 薬の塗り方

    水虫の薬は、いつまで使い続けるべき?~水虫の薬の目的と、症状が治まっても1~2ヶ月の根拠

    【薬剤師が執筆・監修】症状が治まっても、新陳代謝で新しい皮膚と入れ替わるまでの1~2ヶ月は、薬を使い続ける必要がある…

  7. 外用剤 副作用

    『モーラステープ』を貼っていた場所を、4週間も日光に当ててはいけないのは何故?

    【薬剤師が執筆・監修】【薬剤師が執筆・監修】「光線過敏症」の副作用は、薬を剥がした後にも起こるため、手足や首など露出する部分は要注意~家族・友人間での使い回しや…

  8. 抗真菌薬 薬の塗り方

    水虫の薬を使ったら痒みが酷くなった、それでも使い続けた方が良い?

    【薬剤師が執筆・監修】水虫治療を開始できる皮膚の状態ではない、薬が肌に合っていない、そもそも水虫ではなかった・・・考えられる3つの理由から対応を考える…

  9. 抗生物質 外用剤

    『デュアック配合ゲル』ってどんな薬?~過酸化ベンゾイルを配合した新薬

    【薬剤師が執筆・監修】炎症を抑える抗菌薬「クリンダマイシン」と、耐性の生まれにくい酸素ラジカルによる殺菌薬「過酸化ベンゾイル」の配合薬…

  10. ステロイド(外用) 似た薬の違い

    ステロイド外用剤の『リンデロン』、DP・V・VG・Aの違いは?~4種の強さと使い分け

    【薬剤師が執筆・監修】ステロイドとしての強さも異なる4種の『リンデロン』は、塗る場所の”皮膚の厚さ”によって使い分ける~虫刺されへの使用時は特に注意…

  11. 似た薬の違い 外用剤

    『オイラックス』と『オイラックスH』、同じ痒み止めの塗り薬の違いは?~ステロイドの有無

    【薬剤師が執筆・監修】『オイラックス』が痒みを抑えるメカニズムと、『オイラックスH』に含まれる「ヒドロコルチゾン」の強さと濃度~ステロイドの有無と効果・使い方の…

  12. 似た薬の違い 薬の塗り方

    軟膏とクリーム、ローションの違いは?~使い心地・刺激・皮膚への付着性

    【薬剤師が執筆・監修】皮膚にしっかり付着するか、さらっとして使い心地が良いか~使い心地で選んで良いとは限らない、厳密な使い分け…

  13. 薬の誤解 外用剤

    『プロトピック軟膏』を使った時のヒリヒリ・ほてりは、身体に害があるから感じているのでは?

    【薬剤師が執筆・監修】最初に感じるヒリヒリ・ほてりの正体と、それを悪化させる要素…

  14. ステロイド(外用) 知っておくべきこと

    ステロイド外用剤の強さは?~5つのランクと使い分け

    【薬剤師が執筆・監修】5つに分類されるステロイド外用剤の強さ一覧と、皮膚の吸収比率による使い分け…

  15. ステロイド(外用) 外用剤

    「ステロイド」と「ビタミンD3製剤」が混ざった薬をもらったけど、調べたら混ぜてはいけないと書いてあっ…

    【薬剤師が執筆・監修】薬自体が酸性の「ステロイド」と、酸性に弱い「ビタミンD3製剤」の混合の是非~『ドボベット』の登場で葛藤は解消されるか…

  16. 抗真菌薬 薬の塗り方

    水虫の塗り薬で床がベタベタになってしまう、どうすれば良い?~薬を塗った後の対処

    【薬剤師が執筆・監修】水虫の薬を塗った後の工夫~使う薬の量を減らしたり、片足にしか薬を塗らなくなってしまっては元も子もない…

  17. 保湿剤 薬の誤解

    ニキビに『ヒルドイド』、ただでさえ肌がベタベタしているのに?

    【薬剤師が執筆・監修】潤いが失われると、脂で補おうとする肌のシステム~保湿剤で潤いを与えれば脂の分泌も減る…

■主な活動

【書籍】
■羊土社
薬の比較と使い分け100(2017年)
OTC医薬品の比較と使い分け(2019年)
■日経メディカル開発
薬剤師のための医療情報検索テクニック(2019年)
■金芳堂
医学論文の活かし方(2020年)

 

【連載】
Medical Tribune / PharmaTribune
ダイヤモンド・ドラッグストア
m3.com

 

【講演】
薬剤師会(兵庫県/大阪府/広島県/山口県)
大学(兵庫医療大学/同志社女子大学)
学会(日本薬局学会/プライマリ・ケア連合学会/アプライド・セラピューティクス学会)

 

【監修・出演等】
異世界薬局(MFコミックス)
Yahoo!ニュース動画
フジテレビ / TBSラジオ
yomiDr./朝日新聞AERA/BuzzFeed/日経新聞土曜版/日経トレンディ/大元気/女子SPA!ほか

 

 

利益相反(COI)
特定の製薬企業との利害関係、開示すべき利益相反関係にある製薬企業は一切ありません。

■ご意見・ご要望・仕事依頼などはこちらへ

■カテゴリ選択・サイト内検索

スポンサードリンク

■お勧め書籍・ブログ

recommended
recommended

■提携・協力先リンク


オンライン病気事典メドレー

banner2-r

250×63

スポンサードリンク
PAGE TOP