スポンサードリンク

【疾患別の目次】 薬の誤解

/

【目次】薬に関する誤解

index-miss

薬と副作用に関する誤解

 薬に副作用はつきものですが、本当に薬の副作用なのか、薬とは関係ない体調変化なのか、原因は正しく突き止めなければ正しい対処はできません。体調に異変を感じたときは医師・薬剤師に相談するようにし、「副作用だ」と決めつけて自己判断で薬を止めてしまうことはやめてください。

ステロイドの塗り薬を使うと、皮膚が黒く変色する?
『ジェイゾロフト』や『レクサプロ』などのSSRIを飲んでいたら太る?
ステロイドを飲んでいたら骨粗鬆症になる?
『タミフル』は、副作用で異常行動を起こす?

喘息の咳は、「咳止め」で治る?
風邪で病院へ行ったのに、抗生物質を出してくれないのは何故?
「漢方薬」に副作用は無い?
鉄をたくさん摂れば、貧血は治る?~貧血の3つの分類

「劇薬」と赤文字で書いてある薬は、普通の薬より効果も副作用も強い薬?
100mgの薬から、5mgの薬に変わった。弱くなった?
薬は飲み続けていると効かなくなるって本当?
薬は水で飲まないとダメ?

「ピリンアレルギー」の人は、『バイアスピリン』や『ロキソニン』を避けるべき?
「インフルエンザ脳症」は、大人では起きない?

治療に関する誤解

 世の中には、いい加減な情報がたくさん出回っています。不確かな情報に踊らされて健康を害し、後悔することのないよう、正しい情報を見極める習慣をつけてください。

【反論】「ダマされるな!医者に出されても飲み続けてはいけない薬」という週刊誌にダマされないために

インフルエンザの予防注射は、医療機関が儲けるために行っている?

天然由来成分だから安全・安心、これって本当?~天然であることと、安全であることは、全くの無関係
風邪で病院へ行ったら、何種類も薬を出された。市販の風邪薬を使う方が、薬は少なくて済む?
水を飲んでいたら脱水症にならない?~3つの脱水パターン
ビールやコーヒーを飲んでいたら、「エコノミークラス症候群」にならない?
目薬をさした後、パチパチとまばたきする方が良い?

 似た薬や同じような効能の薬であっても、その薬が選ばれた理由、別の薬ではダメな理由があります。

「アスピリン」を飲んでいるから、『ワーファリン』は飲まなくても良い?
肩凝りの薬をもらったが、「筋弛緩薬」と書いてある。そんな怖い薬を飲んでも大丈夫?
頻尿で困っているのに、尿を出しやすくする『ハルナール』を処方された。どういうこと?
子どもの抗生物質が変更になった、きつい薬に変わった?~抗生物質の強さの概念

目次へ戻る

~注意事項~

◆用法用量はかかりつけの主治医・薬剤師の指示を必ずお守りください。
◆ここに記載されていることは「原則」であり、治療には各々の環境や状況により「例外」が存在します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

■主な活動


★6月22日のフジテレビ「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せました。
★3月23日発売の「異世界薬局(コミック版)」に薬学監修として携わりました。
★12月28日のYahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」に監修として携わりました。

★PharmaTribuneにて連載中

利益相反(COI)
特定の製薬企業との利害関係、開示すべき利益相反関係にある製薬企業は一切ありません。

■カテゴリ選択・サイト内検索

スポンサードリンク

■ご意見・ご要望・仕事依頼などはこちらへ

■お勧め書籍

recommended

■提携・協力先リンク


オンライン病気事典メドレー

banner2-r

250×63

  1. 活動実績

    【活動実績】Yahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」の監修に携わりま…
  2. 活動実績

    【活動実績】情報番組「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せまし…
  3. 時事問題

    【活動実績】PharmaTribuneでコラム「世間を賑わした健康情報」連載中で…
  4. 活動実績

    【活動実績】日本薬剤師会による災害支援活動に従事しました
  5. 活動実績

    【活動実績】日経新聞の土曜版「日経プラスワン」に取材協力しました
PAGE TOP