スポンサードリンク

【疾患別の目次】 循環器(心臓・血管)

/

【目次】循環器系(心臓・血管)に関するQ&A

高血圧

 高血圧の薬は、「ARB」・「ACE阻害薬」・「Ca拮抗薬」・「利尿薬」・「β遮断薬」が中心です。中でも、最近は「ARB」や「Ca拮抗薬」が主流で使われています。

◇ARB/ACE阻害薬
「ARB」と「ACE阻害薬」の違い
「ARB」を1日2回で処方する理由


ACE阻害薬で、咳の副作用が起こるのは何故?~「ブラジキニン」と心不全による咳の違い

◇Ca拮抗薬

Ca拮抗薬の使い分け~労作性・異型狭心症への適応の違い

◇利尿薬


『セララ』と『アルダクトン』~選択性の違いと女性化乳房の副作用
『セララ』~アルドステロン・ブレイクスルーへの効果

◇β遮断薬

第一選択薬から「β遮断薬」は外された?
『アーチスト』~量によって適応の変わる薬

 血圧が高いと血管に負担をかけますが、どこまで血圧を下げれば良いのかについては議論があります。

高血圧の治療は、120mmHgと140mmHgのどちらを目標にするのが良い?

 血圧は1日中同じではありません。人によっては時間や場所によっても大きく変わります。そういった個人の変動に注目した個別の治療方法が登場しています。

『ディオバン』の用法が、朝から夜に変わったのは何故?~血圧の日内変動
「白衣高血圧」は、治療しなくても良い?
「24時間自由行動下血圧測定(ABPM)」

心不全

 心不全は、心臓のポンプ機能が弱り、全身に十分な血液や酸素が廻らなくなる状態のことです。

心不全の誤解~心臓が止まってしまう病気のことではない

利尿薬の「前負荷」軽減とは
『ハートシート』~拒絶反応のない自家細胞を使った再生医療製品

狭心症・心筋梗塞

 狭心症と心筋梗塞の違いは、循環器系に対する理解を推し量るキラークエスチョンとしてよく用いられています。

「狭心症」と「心筋梗塞」の違い

 狭心症に使う「ニトロ」は、舌下に置くことで有名な薬ですが、飲みこんでしまうと効果がありません。また、全ての狭心症に効果があるわけでもありません。

心臓の「ニトロ」の薬、飲みこんだら効果がないの?
微小血管狭心症~「ニトロ」が効かない狭心症
『シグマート』~「ニトロ」と異なる使い方・作用機序と、頭痛を感じる理由

 狭心症や心筋梗塞は、大きな災害があると急増することが知られています。こうした二次的な被害は、正しい知識を身に着けることで避けられる悲劇です。

大きな地震災害があると、心筋梗塞が増える?~「たこつぼ型心筋症」と「エコノミークラス症候群」
被災地での「トイレ掃除」ボランティアの重要性~”母親世代”を「エコノミークラス症候群」から守るために

不整脈

 心臓が正しいリズムを刻まなくなった状態を不整脈と言います。速過ぎは「頻脈」、遅過ぎは「徐脈」と言います。


不整脈の薬で不整脈が起こる?~徐脈と頻脈

抗凝固薬・抗血小板薬

 ”血をサラサラにする”薬という言い方をよくしますが、それには「抗凝固薬」と「抗血小板薬」という2種類の全く異なる薬が含まれます。混同してしまうと危険です。

『ワーファリン』と『バイアスピリン』、「抗凝固薬」と「抗血小板薬」の違い~赤色血栓と白色血栓
『ワーファリン』と『バイアスピリン』は併用できる?~抗凝固薬と抗血小板薬を併用できない場合の対応
「アスピリン」を飲んでいるから、『ワーファリン』は飲まなくても良い?
「心原性脳塞栓症」~抗血小板薬が使えない理由
手術前の休薬期間の基準~可逆阻害と非可逆阻害

 長い歴史を持つ「抗凝固薬」の『ワーファリン』は、納豆がダメだったり薬の微調節が必要であったりもしますが、病態をコントロールしやすく値段も安いため、今でも広く使われています。

『ワーファリン』服用中に納豆がダメなのは何故?~ビタミンKの作用と新薬との違い
『ワーファリン』が未だに使われる理由~新規抗凝固薬との比較
PT-INR~高齢者のより厳密な管理

 「抗血小板薬」は、『パナルジン』より副作用の少ない『プラビックス』、更に個人差の少ない『エフィエント』へと進化しています。

『プラビックス』と『パナルジン』の副作用を減らした薬
『エフィエント』と『プラビックス』の個人差を減らした薬

 「アスピリン」は、飲む量によって抗血小板薬になったり痛み止めになったりします。

『バイアスピリン』を服用中に、痛み止めの『バファリン』を使っても大丈夫?~アスピリンジレンマのメカニズム

「アスピリン」で大腸がんは予防できるのか~市販の鎮痛薬では意味がないので、勝手な使用は厳禁

目次へ戻る

~注意事項~

◆用法用量はかかりつけの主治医・薬剤師の指示を必ずお守りください。
◆ここに記載されていることは「原則」であり、治療には各々の環境や状況により「例外」が存在します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

■主な活動


★6月22日のフジテレビ「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せました。
★3月23日発売の「異世界薬局(コミック版)」に薬学監修として携わりました。
★12月28日のYahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」に監修として携わりました。

★PharmaTribuneにて連載中

利益相反(COI)
特定の製薬企業との利害関係、開示すべき利益相反関係にある製薬企業は一切ありません。

■カテゴリ選択・サイト内検索

スポンサードリンク

■ご意見・ご要望・仕事依頼などはこちらへ

■お勧め書籍

recommended

■提携・協力先リンク


オンライン病気事典メドレー

banner2-r

250×63

  1. 活動実績

    【活動実績】日本薬剤師会による災害支援活動に従事しました
  2. 活動実績

    【活動実績】Yahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」の監修に携わりま…
  3. 活動実績

    【活動実績】日経トレンディ3月号の「花粉症対策記事」に情報提供しました
  4. 活動実績

    【活動実績】情報番組「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せまし…
  5. 活動実績

    【活動実績】日経新聞の土曜版「日経プラスワン」に取材協力しました
PAGE TOP