スポンサードリンク

【疾患別の目次】 アレルギー性疾患

/

【目次】アレルギー(抗ヒスタミン薬、抗ロイコトリエン薬、点鼻・点眼薬)に関するQ&A

index-allergy

アレルギーの基礎知識

 アレルギーとは、免疫が過剰な活動を起こして健康に害を及ぼすことを言います。

アレルギーの分類とメカニズム~Ⅰ型からⅤ型まで

抗ヒスタミン薬の眠気の正体

 アレルギー治療の中心になる「抗ヒスタミン薬」は、眠気を催しやすい薬ですが、薬が脳にどれだけ作用するかによって、副作用の眠気の強さを推し量ることができます。特に『アレグラ』と『クラリチン』は眠気の少ない薬として有名です。

『アレグラ』が眠くならない理由~脳内ヒスタミン受容体占有率と眠気の強さ
『クラリチン』の副作用~自動車や航空機操縦能力に対する影響
眠くならない風邪薬の選び方~「抗ヒスタミン薬」に注目する方法

 本人が眠気を感じていなくとも、無自覚のうちに集中力や判断力が低下し、作業効率が悪くなってしまうこともあります。

「インペアード・パフォーマンス」~無自覚に起こる集中力・判断力の低下

抗ヒスタミン薬の使い分け

 抗ヒスタミン薬には色々な種類があります。効き目や副作用には個人差も多いですが、ある程度の傾向があります。

抗ヒスタミン薬の効果発現と効果持続時間の比較

『ジルテック』と『ザイザル』~光学異性体を抽出して薬の量が半分になった
『ザイザル』と『アレグラ』~効果と眠気の強さ比較


『ディレグラ』と『アレグラ』~花粉症で鼻づまりが酷い時の薬

 眠気の少ない『アレグラ』や『アレジオン』は、市販薬としても販売されています。

『アレグラFX』と『アレグラ』は同じ薬?
『アレジオン20』と『アレグラFX』、同じ市販のアレルギー薬の違いは?~用法の差と眠くなりにくさ

 抗ヒスタミン薬の特殊な使い方について。

胃薬『ガスター』の底上げ効果~ヒスタミン交叉性
『アレグラ』と『ザイザル』の併用は可能?~蕁麻疹治療ガイドラインでの言及

 血圧の薬に影響することで有名な「グレープフルーツジュース」は、『アレグラ』にも影響します。

『アレグラ』を「グレープフルーツジュース」で飲むと効果が弱まる?~OATP阻害で起こる、Ca拮抗薬と逆の相互作用

花粉症に関する話題

 多くの人にとって、花粉症は最も身近なアレルギー症状です。命に関わることはありませんが、辛い症状によって作業効率が低下し、学業や仕事に大きな支障が出ることもあります。

花粉症に『アレグラ』、いつから飲み始めて、いつまで飲み続ければ良い?
鼻に「ワセリン」を塗るとが花粉症がマシになる?~目の周りへの使用の是非
「花粉症」に対する、ヨーグルト・甜茶・トマト・牛乳の効果や影響に関する誤解について

抗ロイコトリエン薬

 同じアレルギーでも、鼻づまりや喘息は「ヒスタミン」ではなく「ロイコトリエン」が主な原因です。そのため、使うべき薬も異なります。

『ジルテック』と『シングレア』~「ヒスタミン」と「ロイコトリエン」の違い
『シングレア』と『オノン』~喘息・アレルギー性鼻炎への治療効果の差
「アスピリン喘息」で鼻づまりが起こる理由~「ロイコトリエン」の急増

アレルギーに使う点鼻薬

 ステロイドの点鼻薬は眠気などの副作用の心配がなく、くしゃみ・鼻水・鼻づまりに効果があるため、最近は軽症のうちから使われます。

『アラミスト』、『ナゾネックス』、『エリザス』、同じステロイド点鼻薬の違いは?~1日1回の点鼻薬の比較
『ナゾネックス』や『アラミスト』、1日1回の点鼻薬はいつ使えば良い?

 病院で処方される点鼻薬と市販の点鼻薬は、同じ点鼻薬でも使う目的が全く異なる場合があります。

花粉症の点鼻薬、長く続けて使っても大丈夫?~薬剤性鼻炎のリスクと、「ステロイド」と「血管収縮剤」の使い分け

アレルギー用の目薬

 眼の痒みには、「抗ヒスタミン薬」の目薬が有効です。『インタール』の刺激を少なく改良した『パタノール』、更にコンタクトレンズへの悪影響を減らした『アレジオン』と改良されてきています。

『パタノール』と『インタール』~pH・浸透圧による刺激の差
『アレジオン』と『パタノール』~保存料とコンタクトレンズ
『アレジオン点眼液』は、コンタクトレンズをつけたまま点眼しても良い?~ベンザルコニウムの弊害 

減感作療法

 減感作療法は、アレルギーの根本的治療になり得る唯一の方法として、注目されています。


アレルギーの根本的な治療「減感作療法」とは
『アシテアダニ舌下錠』~ダニアレルギーの減感作療法

妊娠とアレルギー

 妊娠中は、アレルギーの治療に対していつも以上に注意深くなる必要があります。

アレルギーの薬、妊娠中でも飲んで大丈夫?~「抗ヒスタミン薬」の安全性評価
妊娠中の自己流の除去食について

目次へ戻る

~注意事項~

◆用法用量はかかりつけの主治医・薬剤師の指示を必ずお守りください。
◆ここに記載されていることは「原則」であり、治療には各々の環境や状況により「例外」が存在します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

■主な活動


★6月22日のフジテレビ「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せました。
★3月23日発売の「異世界薬局(コミック版)」に薬学監修として携わりました。
★12月28日のYahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」に監修として携わりました。

★PharmaTribuneにて連載中

利益相反(COI)
特定の製薬企業との利害関係、開示すべき利益相反関係にある製薬企業は一切ありません。

■カテゴリ選択・サイト内検索

スポンサードリンク

■ご意見・ご要望・仕事依頼などはこちらへ

■お勧め書籍

recommended

■提携・協力先リンク


オンライン病気事典メドレー

banner2-r

250×63

  1. 活動実績

    【活動実績】Yahoo!ニュース動画「抗生物質が効かなくなる日」の監修に携わりま…
  2. 活動実績

    【活動実績】コミック版「異世界薬局」に監修として携わりました
  3. 活動実績

    【活動実績】日経トレンディ3月号の「花粉症対策記事」に情報提供しました
  4. 活動実績

    【活動実績】情報番組「直撃LIVE グッディ!」に薬剤師としてコメントを寄せまし…
  5. 活動実績

    【活動実績】日本薬剤師会による災害支援活動に従事しました
PAGE TOP